保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

あそびのひきだし

2017.09.11

No.1135 落ち葉で人形作り

靴下に落ち葉を詰めて、簡単な人形を作りましょう。

用意するもの

使わなくなった靴下、落ち葉、紐、輪ゴム、油性マジック、(糸、はり、ボタン等)

作り方・遊び方等

靴下に集めた落ち葉を足の部分に詰め込む。

頭になる部分と入り口付近を輪ゴムで留める。

小さい子どもたちは、顔の部分にマジックで目や鼻口等を描きいれる。

大きい子どもたちは、糸と針でボタンを目にしたり、工夫して人形を作る。

年齢ごとの関わり方・配慮

・きれいに洗った靴下を使いましょう。

・サイズや色によって人形にも変化が出るので、おもしろくなります。

・小さい子どもたちは、落ち葉を集めたり詰めたりして関わりましょう。

・枯葉に虫がついていないか、等保育者はよく確認しましょう。

展開のヒント

・人形劇遊び等、新たな活動にも繋げていきましょう。

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

冬の遊び特集

白い息のふしぎ

朝の冷え込みが強くなる時期、吐く息の白さを楽しもう!

ページトップに戻る