保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

あそびのひきだし

2016.08.01

No.1017 オリンピックごっこ

オリンピックの雰囲気を感じて真似をしたり、自分たちで考えたオリンピック遊びを楽しみましょう。

作り方・遊び方等

例1)
万国旗の柄を見つけて貼ったり描いたりして、うちわを作る。

例2)
幅跳び、競走、体操等、オリンピック競技を真似して楽しむ。

例3)
オリンピック競技を参考に、自分たちでルールを変えたり、新たな競技を考えたりして遊んでみる。

年齢ごとの関わり方・配慮

・夏の暑い時期なので、保育者は水分補給や熱中症に配慮して遊びを広げていきましょう。

・子どもたちの発想で新しい競技を考える等、保育者は見守りながらアドバイスしましょう。

ポイント

暑い時期ですが、4 年に一度のイベントなのでチャンスを活動に活かしましょう。

展開のヒント

オリンピックがきっかけとなり、海外の国々に対する興味や関心が様々な活動へつながるといいですね。

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

冬の遊び特集

白い息のふしぎ

朝の冷え込みが強くなる時期、吐く息の白さを楽しもう!

ページトップに戻る