保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2017.05.09

04.応答的ってなあに?

週刊むっちゃん(保育Q&A)
=====================================
保育者歴3年目の「たっくん」と5年目の「さっちゃん」。2人の保育者が、保育のあんなこと・こんなこと、素朴な疑問をむっちゃん先生(無藤隆教授)にぶつけます。2人の疑問にむっちゃん先生はどんな回答をくれるでしょう!毎週火曜日、どうぞお楽しみに。

=====================================

 

むっちゃん先生こんにちは。先生にいろいろなことを相談できると聞いてうかがいました。よろしくお願いします。

 

毎日の保育の中で、子どもたちがいろいろな表情を見せてくれ楽しくすごしています。また、その中で子どもへの応答的な関わりが大事であると学びました。

 

そうですね。

 

でも、ある先輩は、『応答と言っても、子どもの要望を全部聞くわけではないでしょ。』といいます。応答的って範囲があるんですか。

 

応答とは、相手の要望通りにことをすることではありません。

 

気づかないとか、無視するのではなく、ダメとか、違うことを提案することを含めて、返事をし、相手のしていることを認め、したい気持ちを受け入れ、その上で、発展を促したり、方向を修正したりするのです。

 

したい気持ちを受け入れ、促したり、方向を修正したりするんですね。ありがとうございます。また、来週お願いします。

 

さようなら。また、来週!

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

冬の遊び特集

白い息のふしぎ

朝の冷え込みが強くなる時期、吐く息の白さを楽しもう!

ページトップに戻る