保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

あそびのひきだし

2019.02.01

N0.1362 ぽかぽかごろん

部屋の日なた等で、小さい子どもたちが寝転んで気持ちよく過ごせるように、保育者が声を掛け、手足をやさしく揺らしたり、ごろごろして遊びましょう。

用意するもの

布団や柔らかい布、タオル等

作り方・遊び方等

例1)部屋の安全な場所に、バスタオルや毛布を敷きごろごろする場所を作る。

例2)子どもに声をかけたり、歌を歌ったり・・・
リズムに合わせて、体をさすったり動かしたりして楽しむ。

年齢ごとの関わり方・配慮

・個々のペースに合わせた関わり方を、保育者は心がけましょう。
・安全に留意してゆったりとした気持ちで関わりましょう。

展開のヒント

・大きい子どもたちとのふれあいの機会にしてもよいでしょう。

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

冬の遊び特集

白い息のふしぎ

朝の冷え込みが強くなる時期、吐く息の白さを楽しもう!

ページトップに戻る