保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2014.07.07

「第一印象が大事」

身だしなみ・言葉遣い

 

ポイント

1.子どものために保護者と信頼関係を作ろう
2.第一印象が9割!?
3.自分ルールから卒業しよう
4.信頼は毎日の積み重ね

1.子どものために保護者と信頼関係を作ろう

なぜ保護者との信頼関係が大事なのでしょうか?それは、「子どもの成長のために保護者と協力することが不可欠だから」です。身だしなみや言葉づかいについても、「子どものためにどうするべきか?」という視点で考えると、すべきことが見えてきます。

 

2.第一印象が9割!?

見た目(第一印象)がその人の評価・イメージに与える影響はとても大きいです。表情・服装・話し方などに注意して、保護者に好印象を持ってもらえるようにしましょう。

 

3.自分ルールから卒業しよう

世代によって、身だしなみ・言葉遣いに対する考え方は違います。「自分の世代では当たり前」でも、他者から共感が得られるとは限りません。自分がどのような印象を持たれるか考えてみましょう。

 

4.信頼は毎日の積み重ね

挨拶・表情・身だしなみなどの第一印象を大事にするとともに、日常のやり取りの中で信頼関係をつくっていきましょう。毎日の保育の中で、その日、その時の子どもの喜びや楽しさなど具体的な様子を伝えることで、子どもの成長の喜びを共有できます。その中で信頼もうまれるでしょう。子どもの育ちをしっかりと捉え、保護者に伝えていきましょう。

 

●補足説明

「園の保育を理解してもらう」ためには、「普段の保護者対応」に加えて「保護者に積極的に保育に関わってもらうこと」が重要です。是非そういった機会を定期的に設けるようにしましょう。

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

クリスマス特集

松ぼっくりタワー

松ぼっくりを重ねてタワーをつくり、崩れてしまったら負けのゲーム遊びです。

ページトップに戻る