保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2014.06.18

電話対応②<電話を掛ける>

普段の保護者対応

 

ポイント

1.先に話すことをまとめておく
2.こちらからきちんと名乗る
3.はっきりと大きな声で

1.先に話すことをまとめておく

電話をしながら話すことを考えていると、大事なことを伝え忘れたり、話が長くなってしまいがちです。電話をかける前に話すことを箇条書きにすると、簡潔に伝えやすくなるだけでなく、落ち着いて対応することができます。

 

2.こちらからきちんと名乗る

電話を掛ける時は、まずは施設名と自分の名前を言って挨拶をしましょう。

 

3.はっきりと大きな声で

子どもたちの活動で周りがうるさいと電話の内容が伝わりづらくなります。そんな時は、場所を変え、はっきり大きな声で話すなどして、相手に内容が伝わるように工夫しましょう。 また、言葉を選んで簡潔に分かりやすく話すことも大事です。

 

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

クリスマス特集

松ぼっくりタワー

松ぼっくりを重ねてタワーをつくり、崩れてしまったら負けのゲーム遊びです。

ページトップに戻る