保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2014.06.02

新入園児の保護者面談の対応

身だしなみ・言葉遣い

 

ポイント

1.第一印象がとても大切です
2.保護者にとって初めての場所(経験)だということを忘れずに
3.保育の内容を理解してもらう
4.対応の際の注意

1.第一印象がとても大切です

清潔感のある服装で笑顔・丁寧な言葉遣いで対応できているかを確認しましょう。

 

2.保護者にとって初めての場所(経験)だということを忘れずに

保育者のみなさんにとってはよく知った場所でも、保護者の方にとっては分からない事だらけです。保護者ペースに合わせてゆっくり、はっきりと伝わりやすい説明を心がけましょう。

 

3.保育の内容を理解してもらう

「保育目標」や「一日の保育の流れ」「用意するもの」の他に「困った時の相談窓口の案内」「行事」「保育室の運営形態」等を具体的に、丁寧に伝えましょう。

 

4.面談時の部屋の環境設定

部屋の掃除・空調の適温設定などはもちろん、面談時に子どもが落ち着いて過ごせるように年齢(発達)に合った玩具・絵本を複数用意しておくと良いですね。

 

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

クリスマス特集

松ぼっくりタワー

松ぼっくりを重ねてタワーをつくり、崩れてしまったら負けのゲーム遊びです。

ページトップに戻る