保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2018.06.05

68.思いを受け止め理解する

こんにちは。子どもの思いを受け止めすぎると、何か困難なことがあったときに、すぐにあきらめてしまう子になってしまうって、本当ですか。

 

思いを受け止め、理解することと、子どもの主張や要求を受け入れ、すべてをやってやることは別のことで区別しましょう。

 

はい。

 

なるほど、そうだよね、と同感しつつ、でも、こうしたらどうかなどと提案してみます。

 

同感しつつ、提案ですね。

 

でも、それでも難しい時はどうしましょう。

 

少し手伝ってやり方を示しつつ、手を添える程度に切り替え、少しずつ当人の工夫と努力を促し、支えます。

 

わかりました。ありがとうございます。また、お願いします。

 

さようなら、また来週!

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

クリスマス特集

松ぼっくりタワー

松ぼっくりを重ねてタワーをつくり、崩れてしまったら負けのゲーム遊びです。

ページトップに戻る