保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2018.03.27

58.「2歳児クラスの連絡帳」

こんにちは。2歳児クラスです。

 

今は連絡帳を細やかに記載しているのですが、3歳児に進級したら同じようにできるか自信がありません。保護者も心配しているように感じます。

 

3歳児になると、グループやクラスとしての活動も増えると思います。クラス全体の活動の様子を伝えるポスターのようなものを作成してはどうでしょうか。

 

写真を撮って、そこにどういうことをしているか、そこでどういう点が面白いのかなどを1行か2行程度文章を添えます。

 

写真で説明ですね。

 

そういったことを週に2回とか3回、紙に1枚程度にまとめ、それをお迎えの時に見られるように掲示するのです。

 

お迎えの時に伝えられるように!

 

2週間くらいをメドにどの子どもも登場するように配慮すると、保護者も自分の子どものことをちゃんと見てくれると思います。

 

そうですね。どの子も登場できるように。

 

なお、さらに個別の事情は口頭で伝えるなりの工夫も必要です。

 

ありがとうございました。また、お願いします。

 

さようなら。また来週!

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

冬の遊び特集

白い息のふしぎ

朝の冷え込みが強くなる時期、吐く息の白さを楽しもう!

ページトップに戻る