保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2018.02.27

53.運動遊び①

むっちゃん先生こんにちは。3歳児クラスで、十分に体を動かしてほしくて戸外活動を多く取り入れています。

 

しかし、あまり活動的でない子もいます。特にみんなで行うゲーム的な遊びは気おくれしているような気もします。そのような子に対して本人が「やりたい」と言うまで見守っていた方がいいでしょうか。

 

誘いかけるのは大事です。

 

運動をしない習慣が定着して、年長にまで至ると、身体運動力や体力の成長に問題が出るからです。

 

そうなんですね。どんな工夫をして良いか…

 

運動遊びにはいろいろなものがあります。皆でやるけれど、活動自体は個々でやるようなものもあります。

 

まずは難しさは最小限にします。鬼ごっこの類は始まりとして向いています。先生が手をつないで鬼から逃げるのでも良いのです。

 

鬼ごっこなら興味がありそう。

 

鬼になるのに抵抗感がある子どもも結構いるので、そういうときは保育者が鬼になってもよいのです。これは通常は2歳くらいの遊びではありますが。

 

興味を持てそうなところからですね。

 

運動遊びについては、サイトで紹介しているところもあります。松嵜さん(千葉大学)の研究などが参考になります。文部科学省が出している「幼児期の運動指針」も参考にして下さい。

 

ありがとうございます。早速、松嵜先生に聞いてみます。

 

さようなら。また、来週!

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

冬の遊び特集

白い息のふしぎ

朝の冷え込みが強くなる時期、吐く息の白さを楽しもう!

ページトップに戻る