保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2022.06.08

シリーズ 乳幼児期から向き合う性教育(全12回)

執筆:臨床心理士・公認心理師・保育士 伊藤美咲

対象:保育士、幼稚園教諭、保護者

【2/12 どうして乳幼児期から必要なのか】

自分の身体に興味を持つ年齢はだいたい2~3歳頃と言われています。

「どうしてわたしにはパパみたいにおちんちんがないの?」
「ぼくも赤ちゃんにおっぱいあげたい!」

と、いうように、性器を含めた男女の身体の違いに気がついたり、興味を持って質問してくるのも、この頃ではないでしょうか。
この時の大人の説明の仕方や態度によって、子どもが自分の身体や、他人の身体をどのように捉えるのか、どのような価値観が育まれるのかに影響を与えます。

「そんなことは知らなくていいの」
「恥ずかしいことを聞かないで」
「大人になったらわかるよ」
と、子どもの興味を否定したり、質問を誤魔化してしまうと、
『自分や相手の身体のことを知るのは悪いことなんだ』
『自分の身体は恥ずかしいもの』
という価値観を育ててしまいます。

乳幼児期から性教育を始めるにあたり、大切なことは、子どもの幸せのために、何を伝えていきたいのかを考えておくことです。

上記のような、子どもが身体や性について疑問を持った時や、関心を持った時に、身近な大人の価値観が、子どもの生涯に渡る価値観に影響を及ぼすことを、自覚しておくことが重要です。

乳幼児期に性教育を始める理由は
・発達段階として、自分と他者の身体の違いや、男女の違いに気が付き、興味を持つ時期だから
・性についての価値観が育まれる時期だから

と言えます。

参考文献

  • 『【改訂版】国際セクシュアリティ教育ガイダンス 科学的根拠に基づいたアプローチ』 ユネスコ編 訳 浅井春夫、艮 香織、田代美恵子、福田和子、渡辺大輔 2020
  • 『乳幼児期の性教育ハンドブック』  かもがわ出版  著 浅井 春夫 2021
  • 『親子で話そう! 性教育』  朝日新聞出版  著 浅井春夫、 艮 香織 2020
  • 『子どもを守る言葉「同意」って何? YES、NOは自分が決める! 』  集英社  著レイチェル・ブライアン、訳 中井 はるの 2020

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

保育園、学童クラブ・児童館、小規模保育施設への就職・転職をお考えの方はこちらをご覧ください。

  • 新卒採用 詳しくはこちら新卒採用 詳しくはこちら
  • 中途採用 詳しくはこちら中途採用 詳しくはこちら

手作りおもちゃ特集

No.1098 ころりんマラカス

手作りの網で戸外活動を楽しみましょう。

ページトップに戻る