保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2019.03.15

【3月】ひと雨ごとに暖かな春へ

3月は冬と春が交差する季節、大気の状態も不安定で変わりやすいお天気です。
雨の後、春の日差しと共に住宅街でも鶯の鳴き声を耳にするようになり、成長したふきのとうが白い小さな花を咲かせています。


★空


★ふきの花

散歩の途中、空き地がうす紫色に染まるほど群生して咲く、ホトケノザを見つけました。
最近では、一面に咲く姿を見ることが少なくなったので、嬉しい気持ちになりました。


★ホトケノザ

春の日差しが届く道端や空き地には、早々とタンポポや小さなオオイヌノフグリの花が、目を楽しませてくれます。


★タンポポ


★オオイヌノフグリ

住宅街の玄関先では、手入れをされた寄せ植えの花々や、鮮やかなピンクの桜草が、行き交う人たちを和ませています。
この時期、花粉症の方には嫌われる杉やヒバですが、生垣のヒバには小さな星型のものがつき、よく見ると意外と可愛らしい花でした。


★寄せ植え


★桜草


★ヒバの花

春先の畑にはいちごの苗が植えられ、レタスが柔らかな葉を巻いています。
収穫されずに残った菜っ葉からは、可憐な黄色い菜の花が咲き、小さな虫たちを誘っています。


★いちごの苗



★レタス



★菜の花

季節はあっという間に春へと進み、山椒やあじさいの芽吹きが早くも見られます。
道ばたにはアリたちが姿を見せ、巣穴を行ったり来たりと動き回り、暖かな日差しを喜んでいるようでした。


★山椒の芽



★あじさいの芽



★アリの巣

子どもたちと身近な自然を通して、たくさんの春の訪れを探して楽しみましょう!


★つくし

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

保育園、学童クラブ・児童館、小規模保育施設への就職・転職をお考えの方はこちらをご覧ください。

  • 新卒採用 詳しくはこちら新卒採用 詳しくはこちら
  • 中途採用 詳しくはこちら中途採用 詳しくはこちら

春の遊び特集

たけのこ

旬の食材たけのこ、給食の下ごしらえで皮むきを手伝ってみたり、近所の竹林に成長の様子等を見に行きましょう。

ページトップに戻る