保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2018.08.29

【8月】流星群と真夏のいきもの

長く続く暑さの中で、楽しみにしていたものがあります。それは流星です。 今年のペルセウス流星群は条件がよく、13日の明け方に20分ほどで、4つの流星を見ることが出来ました。 キラッと輝き流れる星を見るのは、ワクワクしてずっと見ていても飽きません。

★夜空
夜空

朝になり、8時を過ぎると散歩も暑さとの戦いです! 犬の様子を見ながらゆっくり歩いて行くと、足元に大きなアリの巣が集まった場所を見つけました。 最近大きなアリの巣を見かけることが少なくなりましたが、皆さんの周りではどうでしょうか?子どもたちと探してみましょう!

★アリの巣
アリの巣

★働くアリ
働くアリ

草むらに咲くユリの中で小さなチョウが羽根を休め、近くの木ではアブラゼミが、大きな鳴き声を響かせていました。

★テッポウユリ
テッポウユリ

★アブラゼミ
アブラゼミ

畑ではカボチャが立派に実り、熟したミニトマトが弾け、新種かな?と思う様な面白い模様になっていました。
★立派なカボチャ
立派なカボチャ

★弾けたトマト
弾けたトマト

夏の盛り、サルスベリやノウゼンカズラが美しい色で元気に咲いています。 花が集まり咲くもの、大きな花を咲かせるもの等、種類も様々なので見比べて観察してみましょう。

★サルスベリ
サルスベリ

★ノウゼンカズラ
ノウゼンカズラ

茂みでは、トンボが羽根を休め、蝶が蜜を吸う姿を見ることが出来ます。 木々を覆うクズの勢いは圧巻で、もうすぐ葡萄の香りがする紫色の花が咲き始めます。

★トンボ
トンボ

★茂み
茂み

★アオスジアゲハ
アオスジアゲハ

暑さは続きていますが、身近な自然の様子が少しずつ変化していることに気づきます。 今年はもうススキの穂が出始め、虫たちの声も聞こえる様になりました。 子どもたちと、残り少ない夏と秋の気配を散歩等で感じていきましょう。

★ススキ
ススキ
 

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

保育園、学童クラブ・児童館、小規模保育施設への就職・転職をお考えの方はこちらをご覧ください。

  • 新卒採用 詳しくはこちら新卒採用 詳しくはこちら
  • 中途採用 詳しくはこちら中途採用 詳しくはこちら

春の遊び特集

たけのこ

旬の食材たけのこ、給食の下ごしらえで皮むきを手伝ってみたり、近所の竹林に成長の様子等を見に行きましょう。

ページトップに戻る