保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2018.03.15

【3月】それぞれの春

関東では大雨の後、気温も徐々に上がり春らしい日が多くなって来ました。
春の訪れは花粉も飛散するので、辛い日々を送られる方も多いと思いますが、スギ花粉の次はヒノキの花粉が飛散し始めますので、お大事に・・・

★ヒノキ
ヒノキ

暖かな日差しに早咲きの桜が満開になり、花の蜜を無心に吸い続けるヒヨドリの姿がありました。
厳しい冬を過ごした鳥たちには、この甘い蜜の味が格別なご馳走に違いありません!

★蜜を吸うヒヨドリ
蜜を吸うヒヨドリ

道端でタンポポやナズナが花を咲かせるようになりました。
黄色いたんぽぽと、可憐な小さな花のナズナは対象的ですが、春の訪れを感じさせる草花たちです。

★タンポポ
タンポポ

★ナズナ
ナズナ

住宅街の庭先では、春風に揺れる美しい黄色のミモザが目を引きます。
小さな毬の様に丸い花が集まったミモザは、砂糖漬けにしてお菓子の材料としてトッピング等にも利用されています。

★ミモザの花
ミモザの花

散歩中、カラスの姿を多く見かけるので・・・?
どうやら巣作りの時期が来たようで、巣材を集める様子を観察する事にしました。
風で落ちた大きな木の枝を折ろうと苦労する姿や、嘴で木の皮を剥ぐ姿等、落ちているものを集めるだけではない、カラスの姿に遭遇することが出来ました。

★枝と奮闘
枝と奮闘

★木の皮を剥ぐ
木の皮を剥ぐ

草むらではテントウムシが姿を見せ、オオイヌノフグリも小さな青い花をたくさん咲かせています。
子どもたちと春の始まりを感じる散歩に出掛けましょう!

★テントウムシ
テントウムシ

★オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ

*カラスは巣作りの後、子育ての時期に入ります。
 子育ての時期は子どもを守ろうと、攻撃的になる時期ですので気をつけてください。

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

保育園、学童クラブ・児童館、小規模保育施設への就職・転職をお考えの方はこちらをご覧ください。

  • 新卒採用 詳しくはこちら新卒採用 詳しくはこちら
  • 中途採用 詳しくはこちら中途採用 詳しくはこちら

手作りおもちゃ特集

No.1098 ころりんマラカス

手作りの網で戸外活動を楽しみましょう。

ページトップに戻る