保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2018.01.15

【1月】感じる心を大切に!

新しい年を迎え、元日には初日が眩しい光を放ちながら昇って来るのを、ゆっくり眺めることが出来ました。 ここ数日は、寒波の到来でこの冬一番の寒さや、大雪の影響が各地であり心配です。

★初日

冷え込む朝、畑の野菜や草に霜が降りていました。 よく見ると霜の結晶は色々な形があり、とても綺麗で面白い形をしています。 いろいろな霜の結晶をルーペ等で拡大すると楽しめるので、活動に取り入てみてはいかがでしょうか・・・

★ブロッコリ-葉の霜1 

★ブロッコリ-葉の霜2 

★草の霜

日が差し始めて暖かくなると、スズメは木の枝等に集まり羽根を休め、ハシボソカラスは、畑で土を突きながらエサを探して歩く姿が見られました。

★スズメ

★ハシボソカラス

歩いていると塀の上に冬鳥のジョウビタキが舞い降り、辺りの様子をうかがう可愛い姿を見ることが出来ました。 また、ガサガサと音がする枯れ草に目をやると、アカハラも確認することが出来ました。

★ジョウビタキ

★アカハラ

寒さに震える梅の蕾はまだ小さくて固いですが、スイセンが咲き始めいい香りを漂わせています。

★梅の蕾

★スイセン

道ばたの草にも葉を放射状に広げ、冬の太陽を効率的に受ける種類がいくつかあります。バラの花のようなので、ロゼット葉といい、春を待つ植物が見せる冬越しの姿です。 ※(タンポポやオオバコの様に一年中ロゼット状の葉の植物もあります)

★ロゼット

今年も子どもたちと“感じる心が”育まれる自然との関わりを大切に過ごして行きましょう。

★冬の草地

 

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

クリスマス特集

松ぼっくりタワー

松ぼっくりを重ねてタワーをつくり、崩れてしまったら負けのゲーム遊びです。

ページトップに戻る