保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2018.04.10

60.研修会の報告

こんにちは。外部研修の報告会を園内で行おうと考えています。丸1日の研修を短い時間で報告したいのですが、良いことを全部伝えたいと思うと、とても時間がかかってしまいます。

 

伝えるコツはありますか。

 

報告は、A4一枚にまとめるようにしましょう。

 

その半分が文章で、半分は図とします。図は学んだことを、○や矢印を使って書き表します。

 

学んだことを図にする!

 

文章はその解説です。

 

なるほど。

 

もし研修の折りに手に入れた資料をつけたり、詳細な報告をしたいなら、それは別に印刷して、配布して、それぞれに読んでもらうとか、冊子として皆が読めるところにおいておけばよいでしょう。

 

はい!

 

大事なことは、研修で学んだことを報告して共有することとともに、園の保育の改善です。

 

学んだことを基に園の保育のあり方でもっとよく出来ることはないか。それをじっくりと考えて、機会を見て、提案することに発展させましょう。

 

じっくり考えてみます。ありがとうございます。また、お願いします。

 

さようなら。また来週!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

クリスマス特集

松ぼっくりタワー

松ぼっくりを重ねてタワーをつくり、崩れてしまったら負けのゲーム遊びです。

ページトップに戻る