保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2020.04.17

【4月】花々に元気をもらう春

各地でCOVID19が広がりを見せる中で、子どもたちも保育者も窮屈な思いや心配を抱えながら日々を過ごしていることと思います。
窓の外は、一斉に咲きだした花々や木々の新芽が眩しい季節となり本格的な春になりました。


★シャクナゲ


★木々の新芽

人混みを避け近くを散策してみると、山桜が満開になり道端や土手では暖かな春の日差しを浴びて、小さな花たちが咲いています。
こんなにも様々な種類や色の花を見ることが出来る春は、季節の中でも一番ですね。

★山桜


 

★シロツメクサ


★ノゲシ

住宅街の庭先では鮮やかな色のツツジが目を引き、大きな花を咲かせるアイリスも見られました。
生垣のレットロビンは若芽を広げ、遠くから見ると赤い壁がある様にも見えます。

★ツツジ


★アイリス


★レットロビン

校門にある花壇ではチューリップやストック等、色とりどりの花があふれる様に咲いていましたが、子ども達の声も無く寂しそうに見えました。
近くの擁壁では、石垣の隙間で育った植物が花を咲かせ、春の息吹と自然の逞しさも感じます。


★花壇の花々


★石垣の花1


★石垣の花2

ツル科の植物のアケビの花は、ひっそりと葉の間に咲く渋い紫色の可憐な花です。
また、ノゲイヌムギの緑色の穂はさやさやと風に揺れて道端を覆うように生えています。

★アケビの花


★ノゲイヌムギ

子どもたちとの散歩も難しい地域もあると思いますが、道すがらの草花を保育者が写真で撮り、皆で見る機会を作り楽しむのもいいでしょう。
子どもたちとの活動を工夫しながら春を楽み、元気をもらいましょう・・・

★ハルジオン


★レットロビンの花


「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

保育園、学童クラブ・児童館、小規模保育施設への就職・転職をお考えの方はこちらをご覧ください。

  • 新卒採用 詳しくはこちら新卒採用 詳しくはこちら
  • 中途採用 詳しくはこちら中途採用 詳しくはこちら

手作りおもちゃ特集

No.1098 ころりんマラカス

手作りの網で戸外活動を楽しみましょう。

ページトップに戻る