保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集保育のひきだし こどもの可能性を引き出すアイデア集

まなびのひきだし

2019.05.13

【5月】息づく5月の自然

新しい年号と共に5月を迎えました。
5月は庭先や菜園等、いきもの全てが生命力に溢れる清々しい季節です。


★アヤメ


★梅の実


★ネギ坊主

風が運ぶ草の匂い、花々の放つ甘い香りを楽しみながら歩くと、若葉や草花が目も楽しませてくれます。


★草


★若葉


★スイカズラ

菜園ではキャベツの葉を食べるモンシロチョウの幼虫や、鮮やかな春菊の花に舞い降りるハチ達が元気な姿を見せています。


★モンシロチョウ幼虫  


★春菊の花

道端で草にしがみつくカメムシを発見!
オレンジ色の触覚に服を着た様なお洒落な姿、小さな瞳・・・素敵!


★ウズラカメムシ

次に登場したのはカラフルなテントウムシたち・・・
葉の間をくるくる動き回るナナホシテントウと、じっと動かないダンタラテントウ!
テントウムシにもいろいろな種類がいるので、子どもたちと探して見ましょう。


★ナナホシテントウ


★ダンタラテントウ

 

今年もチャドクガの毛虫の季節がやって来ました!
ツバキやサザンカの生垣には要注意なので、園の周りを事前に調べておきましょう。


★チャドクガ幼虫

咲き終えたすみれが種になり、新たな生命をぎっしり詰め込み旅立つ時を待っています!
種はいろいろな種類と仕組みが面白いので、活動に取り入れる事をお勧めします。


★スミレの種


★タンポポの種

 

辺りがとてもにぎやかになり、目をやるとオナガが忙しく飛び回っていました。
美しい姿から想像できないほどの鳴き声で、カラスの仲間になるそうです。


★オナガ

 

息づく5月、子どもたちと様々な自然との出会いを楽しみましょう。

「保育のひきだし」広報部 Twitter

保育士資格を持つ社員たちが、「保育のひきだし」の
最新情報や関連保育施設での出来事をツブやきます!

監修者

無藤 隆

白梅学園大学教授
内閣府子ども・子育て会議会長
当社保育アドバイザー

略歴
東京大学 教育学部教育心理学科、東京大学大学院教育学研究科博課程、聖心女子大学・お茶の水女子大学教授を経て、2005年より現任
専門
幼児教育 発達心理学
著作
「幼児教育のデザイン: 保育の生態学(東京大学出版社)」(2013)、「学研ことばえじてん(学研)」(2013)他多数

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

採用情報 あなたにぴったりの職場がきっとみつかる!

保育園、学童クラブ・児童館、小規模保育施設への就職・転職をお考えの方はこちらをご覧ください。

  • 新卒採用 詳しくはこちら新卒採用 詳しくはこちら
  • 中途採用 詳しくはこちら中途採用 詳しくはこちら

手作りおもちゃ特集

No.1098 ころりんマラカス

手作りの網で戸外活動を楽しみましょう。

ページトップに戻る