サクセス子ども子育て研究所

【2月】真冬の太陽 [自然に目を向けてみよう]

投稿日時:2018/02/19(月) 11:53rss

先月末の皆既月食では、寒い中帰宅の足を止めて、ゆっくりと月の変化を楽しむ人たちが多く見られました。
★皆既月食


★皆既月食


この冬は強烈な寒波が押し寄せ、各地でまれに見る大雪や、凍結の被害が続いています。 氷点下の朝、池や水溜りも凍り、我が家でもお風呂場の窓が凍りつき、閉まらなくなる経験を初めてしました。
★池の氷


★水溜りの氷


朝晩はふるえる寒さですが、日中に太陽を背中に受け、ジ~ンと感じる温かい感触はこの季節ならではの経験です。 太陽のエネルギー(恵み)を直に体で感じ取ることが出来るので、子どもたちと遊びに取り入れてみてください。
★冬の日差し


日当たりの良い場所では、紅梅が満開になり見事な姿を見せています。 芳しい香を漂わせ、白梅も花を開き少しずつ春を感じさせる様になって来ました。
★満開の紅梅


★白梅


相変わらず、野菜の高騰が続き美味しいお鍋もお預けです・・・! 寒さによる影響があるようですが、この冬を過ごすいきもの達にも辛い冬です。 畑に下りた霜が解けずに凍ったままになり、作物の成長が遅れているようにも感じます。 餌にありつけない鳥たちが、畑のブロッコリーを集中的に食べあさり無残な状況になっていました。
★無残なブロッコリー


★ヒヨドリ


まだしばらく寒さは続きますが、冬を過ごすいきものたちの様子や、小さな春の訪れを探しに子どもたちと外へ出かけましょう。
★ふきのとう


★道ばたの草