サクセス子ども子育て研究所

<<前へ
rss

【5月】5月の風景

[自然に目を向けてみよう] 投稿日時:2017/05/12(金) 11:57

今年の連休は天候に恵まれ、久しぶりに電車に揺られて、新緑の山々や移り行く車窓の風景を楽しんで来ました。 いつもの時間や地域から離れて目にするものは、新鮮でワクワクするものばかりです!
★ 新緑の山



★ 車窓の風景



★ 茶畑


停車中の線路脇で見かける草花も、地域によって違いがあるので自分の地域と比較してみる等、楽しみ方は色々あります。 富士山の裾野では田植えが始まり、車窓から眺める水田の苗が風にたなびく様は、清々しい気分にさせてくれました。
★ 線路脇の草花



★ 5月の水田


初夏の様な日が続き汗ばむ程でしたが、ゆっくりと近所の散歩も楽しむことが出来ました。 プランターにはきゅうりの苗が植えられ、路地栽培のいちごには、鳥よけの覆いがかけられました。
★ きゅうりの苗



★ いちご


燃えるように花開く赤や紫の皐月やつつじは、虫たちを誘い私達を楽しませてくれます。 見事にしだれ咲く藤の花には、大きな羽音をたててホバリングするクマバチが繰り返し訪れます。
★ つつじ



★ 藤の花


鮮やかなシラー・ベルビアナの花の間を歩き回るアリや、ねぎぼうずに潜り込むハナムグリ等、様々な虫たちの姿も見かけるようになりました。
★ アリ



★ ハナムグリ


また、道ばたで良く見かける小さい可愛い花、オニタビラコやカタバミは子ども達にも親しみやすい小さい花たちです。
★ オニタビラコ



★ カタバミ


若葉の木々を見上げ空を仰ぐと、本当に気持ちがよい季節です。 子どもたちと心地よい5月のそよ風と一緒に散策に出掛けてみましょう。
★ もみじ



★ いちょう

 

【4月】春色の散歩道

[自然に目を向けてみよう] 投稿日時:2017/04/14(金) 18:18

春爛漫・・・満開だった桜の花も散り始めました。 今年は寒の戻りで、さまざまな桜の花をいつもの春より長く楽しむことが出来ました。
★しだれ桜


★そめいよしの


春は花壇や庭先の花々が、色とりどりに咲きとても綺麗です。 アネモネやチューリップ等は、秋に植え付けた球根から花を咲かせ、スイトピーやネモフィラ等、種から育てるものも多くあります。
★チューリップ


★ネモフィラ


また、手軽に楽しめるビオラやプリムラ、金魚草等、春に咲く花の苗は秋から多く売られています。
★ビオラ


★金魚草


★プリムラ・ジュリアン


これから楽しめる花や夏野菜の苗は、花屋さんやホームセンターで購入できるので、保育の状況に合わせて、子どもたちと育ててみてはいかがでしょうか・・・ 散歩していると、道ばたや空き地でも多くの草花が見られます。 市販の花たちとは違った逞しさを感じるたんぽぽやつくし、繁殖力の強いカラスノエンドウやオドリコソウ等、毎年春に出会える花々です。
★たんぽぽ


★カラスノエンドウ


★オドリコソウ


畑にも春がやってきて、作物たちが元気に成長を続けています。 絹さや、そら豆、玉ねぎ等は日々実が大きくなり、収穫を過ぎた野菜たちは花を咲かせています。
★絹さや


★ブロッコリー


★玉ねぎ


軒先で、なにやら忙しそうに動き回るカワラヒワを見つけました。 そっと観察してみると、小さな嘴で巣材にするスズランテープをちぎって咥える姿が見られました。 鳥たちの巣作りがあちらこちらで始まった様です。
★カワラヒワ


その時々の自然の姿や季節の出会いを大切に、子どもたちと春の散歩を楽しみましょう。  

【3月】ひらりと春が・・・

[自然に目を向けてみよう] 投稿日時:2017/03/13(月) 10:16

今月初旬、この春初めてうぐいすの鳴き声を耳にしました。 少しぎこちない鳴き方でしたが、日増しに澄んだ綺麗な鳴き声になってきました。 毎朝、茂みの中から聞こえる声を頼りに探してみますが、姿を見つけるのは難しいです。

★うぐいすがいる茂み


梅林では、周りの木々を枝打ちして日が当たるようになり、黄緑色のふきのとうが、枯葉の間から沢山顔を出しました。 ふっくらとしてとても美味しそうです。

★ふきのとう


春は菜の花やミモザ、たんぽぽ等、黄色い花が多くみられます。 黄色い花はとてもよく目立ち、沢山の虫たちを誘い受粉へと導いていきます。 花々の開花と、虫たちが活動を始める時期が重なる自然の仕組みに、不思議さと感動を覚えます。

★ミモザ


★菜の花


★オニノゲシ


歩いていると目の前にひらりと蝶が舞い降り、道ばたで羽を広げて春の日差しをじっと浴びていました。 春を待っていた冬越しの蝶でしょうか・・・・?

★ヒメアカタテハ


春先は、いろいろな種類の小さな花も咲き始めます。 枯れ草の間には、オオイヌノフグリが青い可愛い花を、道ばたにはナズナが可憐な白い花をそっと咲かせています。 子ども達と小さな花をルーペで拡大して、よく見てみるのも楽しいですよ!

★オオイヌノフグリ


★ナズナ


今年も鳥たちの恋の季節がやって来ました。 相手を呼び寄せるさえずりや縄張を知らせる鳴き声等々、いろいろな鳥たちの鳴き声を楽しめる時期でもあります。

★イソヒヨドリ


★ムクドリとスズメ


★セキレイ


子ども達と移り行く春の自然を、五感を通して楽しんで過ごしましょう。

★香のよいジンチョウゲ


 

【2月】鳥たちの暮らし-冬

[自然に目を向けてみよう] 投稿日時:2017/02/10(金) 11:35

立春が過ぎて梅の花も満開になり、いい香を漂わせています。 日が良く当たる土手には、ホトケノザが小さな紫色の花をもう咲かせていました。 これからは寒暖を繰り返しながら、少しずつ春へと歩みを進めて行く時期になります。

★梅の花



★ホトケノザ


柔らかな冬の日差しが注ぐ住宅街で、鳥たちはそれぞれの冬を過ごしています。 毎年この時期は木々の葉が少なく、子ども達が鳥を探したり、観察したりするのにいい時期です

★スズメ


身近な鳥たちにも観察しやすいものと、動きが機敏で難しいもの等、種類によって習性もさまざまです。 木々の間をちょこちょこ移り飛ぶメジロやシジュウカラは、体も小さいので姿を追うのに苦労しますが、色や目に特徴があり可愛らしいです。

★メジロ



★シジュウカラ


独特な鳴き声のヤマバトは見つけやすく、ゆっくりと餌を探して歩くので、子ども達とそっと近づいて観察できます。 先日、枯れ草の上にじっと座り込み、日向ぼっこをしているヤマバトを見つけました。 冬の日差しで体を温める知恵なのでしょうか・・・

★日向ぼっこ


胸がオレンジ色のジョウビタキは、縄張り意識が強いので垣根や畑の支柱等、辺りが見渡せるところに留まることが多いので、探してみましょう。

★ジョウビタキ


畑の作物を突くヒヨドリは食いしん坊です。 草むらや畑で見かけるアカハラは、足先で草を引っ掻いて餌を探し、ツグミはトコトコ歩いては止まり、まるで“だるまさんが転んだ”をしているようで面白いです。

★ヒヨドリ



★アカハラ



★ツグミ


身近な場所で暮らす鳥たちの様々な姿を、子ども達とそっと観察してみましょう。

★アオジ



★蜜を吸うメジロ


 

【1月】厳しい冬の自然

[自然に目を向けてみよう] 投稿日時:2017/01/24(火) 10:52

関東地方は穏やかで暖かい新年を迎え、早々澄んだ夜空では月と星の接近やしぶんき座流星群があり、夜空も楽しむことが出来ました。

★月と星


この冬は少し早く、道ばたや庭先のスイセンが咲き始めました。 スイセンには色々な種類があり、一重や八重咲き、中がオレンジ、白、ラッパスイセンのように大輪で咲くもの等、様々です。 また、香りも違うので、子ども達と散歩の途中に比べてみるのも楽しいでしょう。

★日本スイセン


★八重スイセン


★白いスイセン


畑では、暖かさと寒さが混在して、今年は早めにブロッコリーの花が咲き始めましたが、寒波の到来で氷点下になり霜が降りる等、野菜たちにも厳しい環境が続きそうです。

★ブロッコリーの花 


★霜が下りた人参の葉


冬空に広がる木々の枝を見上げると小さな芽がついているのに気づきます。 これらは花芽や葉芽で、今は寒さに耐えながら春が来るのをじっと待ち続けています。 子どもたちと、少しずつ膨らんでいく様子等を観察していくといいですね。

★イチョウの枝


★桜の花芽


★アジサイの葉芽


葉のない枝に黄色い花をつけるロウバイは、冬のやわらかな日差しを受け、薄い可憐な花びらを静かに開いています。
★ロウバイ


厳しい寒さが続く中、ゆっくりと自然は冬から春へと歩みを続けています。 庭先や公園では紅梅や白梅が咲き始め、ほのかに甘い香りを漂わせてきました。 梅の花を求めて虫たちの姿が見られるようになるのが楽しみです。
★紅梅


★白梅


新しい年が始まり、これから卒園や進級等忙しい日々も迎えますが、身近な自然との関わりを意識的に保育の中に取り入れていきましょう! 今年は子ども達と、どんな出会いや発見があるか楽しみですね・・・

★ビワの花

 
«前へ