サクセス子ども子育て研究所

<<前へ
rss

保育所保育指針の改定のポイントとは(その1) 保育所保育に関する基本原則

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2017/07/03(月) 13:23

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「保育所保育指針の改定のポイントとは(その1) 保育所保育に関する基本原則」です。
2017年3月31日に保育所保育指針が改訂され、大臣告示されました。この改定のポイントを保育指針の本文に即して、順次解説していきます。なお、理解のため、改定されていないところを含めて、基本的な考え方を述べることとします。

 1 保育所保育に関する基本原則
(1) 保育所の役割
ア 保育所は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条の規定に基づき、保育を必要とする子どもの保育を行い、その健全な心身の発達を図ることを目的とする児童福祉施設であり、入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしい生活の場でなければならない。

イ 保育所は、その目的を達成するために、保育に関する専門性を有する職員が、家庭との緊密な連携の下に、子どもの状況や発達過程を踏まえ、保育所における環境を通して、養護及び教育を一体的に行うことを特性としている。

ウ 保育所は、入所する子どもを保育するとともに、家庭や地域の様々な社会資源との連携を図りながら、入所する子どもの保護者に対する支援及び地域の子育て家庭に対する支援等を行う役割を担うものである。

エ 保育所における保育士は、児童福祉法第18条の4の規定を踏まえ、保育所の役割及び機能が適切に発揮されるように、倫理観に裏付けられた専門的知識、技術及び判断をもって、子どもを保育するとともに、子どもの保護者に対する保育に関する指導を行うものであり、その職責を遂行するための専門性の向上に絶えず努めなければならない。
 
「保育所の役割」の上の大きな見出しとして、「保育所保育の基本原則」となっています。今回、単に「保育所」とか、単に「保育」と呼ぶのではなく、「保育所保育」というまとまった言い方を多用しています。それは、保育所の保育の独自性・専門性を強調するためなのです。  「保育所の役割」は従来のものと基本的には同じです。もちろん最も大事なことなので、改めてその意味を読み取りましょう。
 

第1、保育所は「保育を必要とする子どもの保育」をするところです。保護者が面倒を見るはずのところ、代わりに小さな子どもの面倒を保護者に替わって行うということが児童福祉法で規定する保育所の福祉の最も基本となる働きです。その上で、保育所は子どもの健全な心身の発達を図ることを目的とするのですから、単に預かれば良いのではありません。発達を進めること、つまり教育という働きを担いますが、その働きは健全な心身の発達という人間の総体に関わるものなのです。ですから、子どもの最善の利益を考慮して、それを可能にする場として保育所の生活を構成していかねばならないのです。  

第2、保育所は保育に関する専門性を有する職員がその保育を行います。専門性を持つという規定が極めて重要です。単に子どもを預かる、例えば近所の人ではないのです。なお、保育士ではなく、職員とあるのは、保育士以外の職員も保育関わる業務を専門的に行うからです。また、乳幼児という時期を踏まえて、家庭との密接な連携を行いつつ、保育所の保育を行います。さらに、保育所の保育は環境を通してとあり、園の環境がその教育を含めた保育の基本的なあり方となります。その保育は養護と教育を一体的に行い、心身の世話であり、子どもの心の安定を図る養護の営みの上に初めて教育が成り立つことを述べています。その教育を含めた保育は子どもの発達や様子を見つつ、それに相応しい対応が求められます。

 第3、保育所は家庭や地域の様々な人々と連携して保育を進めます。また子どもの保護者や地域の子育て家庭に対する子育ての支援もその専門的な業務となります。

 第4、保育所の保育士は専門性を持ってその業務を進めます。適切な倫理観を持ち、専門的知識と技術と判断により子どもを保育し、保護者を支援するのです。その際、その職責を遂行するための専門性の向上に努めるとあり、これは従来、第7章に位置していた専門性の向上に関わるところを一文で要約して、保育士の専門性の記述に含めました。その専門性は向上に努めてこそ専門的であり得るのですし、日々の実践の中でその向上の努力が求められます。それは保育所の役割の中に置かれたことにより、単に保育士の個人的な努力だけではなく、保育所として組織的にその専門性の維持・向上の機会を日々設ける必要があります。
 
 
mu06-105x154.png
 
いかがでしたか?次回のテーマは、「保育の目標(その1)」を予定しています。それではまた来月

砂場遊びとは

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2017/06/07(水) 18:10

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「砂場遊びとは」です。
砂場は園庭があれば必ず置かれているでしょう。室内での小さな砂場が用意されることもあります。誰もが砂場は好きです。毎日飽きもせずに遊んでいます。その魅力はどこにあるのでしょうか。それを通して、子どもは何を学んでいるのでしょうか。

 砂の種類によっても多少変わってきますが、たいていの園で使っている砂であるなら、穴を掘ったり、山を築いたり、水を流し入れ、海のようにしたり出来ます。砂を容器に入れて、ケーキに見立てたり、砂で泥団子のようにして、ぴかぴかにも出来ます。たいていは数名は入り込める広さがあり、一緒になって遊べます。

こういう砂場は日本だけではないようですが、戸外に置いて、大きな穴を掘ったり、水を入れたりして、多様な遊びを展開するのは、日本で特に盛んなようです。

 砂の魅力はなんと言っても、あのさらさらした感じです。ちょっと水が入ると、べたついて、固まりやすくなる。力を入れると、一つの形になる。でも、長持ちしないで、すぐに崩れる。一つ一つの砂粒には何の個性もありませんが、それが集合体となって、一つの塊としての面白さを作り出す。

 砂場に入ると、まわりもおしりの下も砂です。目の前に置かれた小さな砂場をいじるのと、砂場の中に入り込んで遊ぶのでは、遊びの種類がだいぶ変わります。その上、砂をいじって動かしても、砂は砂の上に移るのです。たとえば、板や床の上に移すのではありません。砂という母体があって、その中で子どもはたわむれるわけです。全身まみれになるわけではありませんが、手先の遊びとは違って、全身を使うものになるわけです。その砂場全体が一つの遊びの場と変わります。

 砂を掘ると、穴が出来ます。その掘り出した砂は脇に置くので、そこが山をなします。さらに掘ると穴が深くなり、山が積み上がります。通常、砂場の砂がある程度深くしてあれば、底の方は水分を多く含むので、重い泥に似たものになっていて、掘ると手応えを感じます。山の方は積み上げると、富士山のように形のよい山となっていきます。さらに、穴の横の壁を掘り出すと、トンネルが作れます。砂は穴を掘れる程度には柔らかいのですが、すぐには崩れない程度には粘着性があります。

砂は水が加わることで黒目の砂になり、さらに水を加えると泥に近づきます。その変化は水を加えたり、混ぜたり、また天候によっても変わっていきます。表面の砂は白く、底の方の砂は黒くなります。そういったものを目的によって使い分けたり、組み合わせたりで、作るものに変化をつけられます。なお、砂粒とはつまりごく小さい石です。そこに粘土質の水分を含んだ土が加わると、固まりやすいものになります。土は小石に加えて、水分とその他の(たとえば草などの小切れ)が混じったもののことです。水がたくさん入ると、流動性が増して、泥になります。砂遊びと泥遊びは水を加えることで連続的につながっています。  水を入れると、砂場に水たまりが出来ます。「海」とか「プール」と呼んで、そこからごっこ遊びが始まります。水遊びとしても展開するのです。
 砂や泥を使って容器に入れることで、ままごと遊びやケーキ屋さんごっこが出来ます。葉っぱや木の実を載せると、ケーキらしくなります。特に、年齢の小さい子どもには手頃に展開できて、好まれる遊びです。                                                 砂場遊びは多くは仲間との遊びでもあります。数名から10名以上が入れるほどの広さがあることが多いでしょう。またしっかりと協同するというよりは、並行遊びが展開しやすいものです。同じ砂が平面に広がっているので、どこが遊びの中心というわけではないですし、分担も特に成り立ちにくいわけです。友だちのやることを真似して、似たことがすぐに出来ます。でも、特に水たまりを作ったり、トンネルを作るあたりで、共同作業も生まれます。
 砂場はどんなに巧みに穴や山を作っても、簡単に崩せます。あっという間に整地が出来るのです。だから、永続的な作品を作るのには向いていませんが、崩して朝、平らなところから始めるという意味で、日々新たな遊びになります。作品を残す遊びではなく、ひたすら作っていく遊びなのです。
mu06-105x154.png
 
いかがでしたか?次回のテーマは、「----」を予定しています。それではまた来月

 

おおむね6歳の発達とは

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2017/05/02(火) 11:04

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「おおむね6歳の発達とは」です。


おおむね6歳(保育所保育指針第2章子どもの発達2.発達過程(8)) 全身運動が滑らかで巧みになり、快活に跳び回るようになる。これまでの体験から、自信や、予想や見通しを立てる力が育ち、心身ともに力があふれ、意欲が旺盛になる。仲間の意思を大切にしようとし、役割の分担が生まれるような協同遊びやごっこ遊びを行い、満足するまで取り組もうとする。様々な知識や経験を生かし、創意工夫を重ね、遊びを発展させる。思考力や認識力も高まり、自然事象や社会事象、文字などへの興味や関心も深まっていく。身近な大人に甘え、気持ちを休めることもあるが、様々な経験を通して自立心が一層高まっていく。

6歳とは年長児の誕生日を迎えたところから小学校への就学までです。主には年長児の後半の時期を思い浮かべればよいでしょう。  運動発達については、身体を巧みに動かし、様々なスポーツに入っていける時期です。歩く、小走り、全力疾走などもその上手さはいろいろにしてもかなりよく出来るようになります。縄跳びなども道具を使った運動も練習の機会があれば、上達していきます。それだけ自分の思うように身体のいろいろな部位を動かせるようになるからです。さらにボール投げをするなど複雑な動きは身体の諸部位を互いに関連させて、一つのフォームに出来るからです。今後、小学校半ばくらいまで徐々にそのスキルは向上していきます。

いろいろとやってみたいことが増えていくばかりでなく、積極的に取り組もうとするでしょう。たとえ、多くの子どもがやっていることは、すぐに出来ないことでも工夫したり、練習したりすれば出来るようになるのだと分かってきて、進んで取り組もうとします。その機会をどれほど豊かに用意するかが、子どもの何に対しても挑戦する力や粘り強く取り組む力を伸ばします。園で可能な活動が多く出来るようになるため、自信を持ち、年下の子どもをリードし、また出来ないでいる子どもに助言したり、また自ら苦手なところを友だちから教わったりもするでしょう。どんなことでもすぐにあきらめるのではなく、興味を感じ、意欲を持った子どもに成長しているかどうかが園の保育の良さをよく示すことでもあります。

仲間関係が育ってきて、単なる仲良し関係だけではなく、協力し合う関係が生まれてきます。そばにいて楽しいとか、似た遊びをするとか、というのはかなり小さい子どもでも見られますが、役割を明確に分担して、それに沿って動くのは年長児あたりによく見られます。互いの役割やすることを統合的に捉えて、大きな目的やルールの下で一緒にやっていくことが把握できる必要があります。ドッジボールで味方のチームはともに敵に対して協力する関係であり、味方同士で投げるボールを取り合っていては勝てません。ごっこ遊びでお母さん役と赤ちゃん役はそれらしく振る舞い、しかも相手のすることに合わせて、役を演じます。皆で劇作りをするなどはかなり何日も掛けて取り組む活動ですが、そうすると、役や台詞や小道具や大道具作りを互いに調整し、練習しつつ、どうすれば一つのまとまりのある劇になるかをともに考えねばならないのです。互いにアイディアを出し合い、相手の希望を活かし、時に折り合いをつけ、よりよいものにすることを繰り返して、完成度の高いものにしていきます。
 

 身の回りの事柄への興味も広がり、そのものの特徴に気づくだけでなく、どうしてそうなるのだろうかと理由や原因を考えることも出てきます。たとえば、氷を見つけて、割って遊ぶだけでなく、どうしてあるところだと厚い氷が出来るのか、きっと寒いところだからだと考えたりもします。

 文字の読み書きも多くの子どもがするようになるでしょう。絵本や掲示その他で、かな文字にはしょっちゅう出会います。それを見ているうちに、その文字と発音との対応が出来ると、一文字ずつは読めるようになります。書く方は筆順などが難しい上に、小さいところに納める指先の器用さが必要ですが、それは年長児から小学校1年生に掛けて進んでいきます。

生活習慣の自立のみならず、自分で何でもやりたいし、出来るようになります。小学校に入ると、送り迎えも、集団登下校もあるにしても、親から離れ一人でやらねばなりません。自立の習慣とともに、自立心を育てていきましょう。
 
mu06-105x154.png
 
いかがでしたか?次回のテーマは、「砂場遊びとは」を予定しています。それではまた来月

 

おおむね5歳の発達とは

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2017/04/05(水) 17:15

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「おおむね5歳の発達とは」です。


おおむね5歳 (保育所保育指針第2章子どもの発達2.発達過程(7)) 基本的な生活習慣が身に付き、運動機能はますます伸び、喜んで運動遊びをしたり、仲間と共に活発に遊ぶ。言葉によって共通のイメージを持って遊んだり、目的に向かって集団で行動することが増える。さらに、遊びを発展させ、楽しむために、自分たちで決まりを作ったりする。また、自分なりに考えて判断したり、批判する力が生まれ、けんかを自分たちで解決しようとするなど、お互いに相手を許したり、異なる思いや考えを認めたりといった社会生活に必要な基本的な力を身に付けていく。他人の役に立つことを嬉しく感じたりして、仲間の中の一人としての自覚が生まれる。

5歳となれば、園の最年長児ないしそれに近づきます。幼児期に育つ多くのことが出来てくる時期です。幼児期は大人に頼らないと日々のことが進まないものです。だから、家庭での親の役割が大きいのですし、園の保育士は親代わりという意味を持つわけです。そこから少しずつ脱する時期が5歳です。生活習慣の基本が身につくからです。一人で食事が出来る。排泄がおむつなどに頼らずに、一人で出来る。着替えも大丈夫。

運動機能はほぼ基本が出来上がります。走るフォームや速さもよろよろした形ではなくスムースになります。道具(鉄棒とか縄跳びとか)の使い方は経験によりますが、指導さえ丁寧であれば、簡単な動かし方はすぐに身につきます。
運動遊び、特に集団で行う遊びが好きになります。身のこなしが巧みになり、また複雑なルールが理解できるようになるからです。こうやれば勝てるという工夫をするようにもなります。鬼ごっこの発展の「ドロケイ」などがその代表です。友達のマネをしたり、助けたり、協力したりして、一緒に運動が好きになります。



 イメージを描く力が発達し、ごっこ遊びなども相当に複雑な場面を思い浮かべつつ、役柄を決めたり、それに相応しい身ぶりやせりふを考えられます。たとえば、救急車、入院、診察、手術などをかなりリアルにごっこと言うより劇のように演じたりもします。  目的を持って、その目的を具体化しつつ、共有し、ともにそれを目指して、活動を工夫することも増えていきます。一緒に遊園地ごっこで「お化け屋敷」を作ったり出来ます。そういう目的意識を持って、どう活動すればよいかを考えることが、その後の学びの基本となっていくのです。
決まり(ルール)に従って遊んだり、園の生活を営んだりします。自分たちでそのルールを変更したり、細かくしたり、加えたりもするでしょう。ルールは自分たちで作り出す、また人が作ったものだと分かります。そのルールが役立つか、ルールに従った遊びが面白いかを考え、ルールの果たす働きを考慮して、ルールを変えようとするのです。

友達との遊びや生活場面では、けんかやトラブルが起こります。その際、どうすれば折り合いをつけられるか、よりよい解決が出来るかを考え、判断します。相手がおかしなことを言えば、批判もするでしょうし、相手が間違えたなら許そうとするでしょう。謝ればいいと寛容なやり方も分かるようになります。物事によっては異なる考えや意見があるものだと分かります。

 集団としての自覚も生まれます。自分一人や仲良しグループを超えて、クラスや集団のために行動する。時に我慢することも覚えます。人の役に立ちたいと願い、みんなのためだからということも分かって、それに対して、自分が折れたり、イヤなことをあえて選ぶことも出てきます。
 
mu06-105x154.png
いかがでしたか?次回のテーマは、「おおむね6歳の発達とは」を予定しています。それではまた来月

 

おおむね4歳の発達とは

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2017/03/01(水) 11:40

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「おおむね4歳の発達とは」です。


おおむね4歳 (保育所保育指針第2章子どもの発達2.発達過程(6)) 全身のバランスを取る能力が発達し、体の動きが巧みになる。自然など身近な環境に積極的に関わり、様々な物の特性を知り、それらとの関わり方や遊び方を体得していく。想像力が豊かになり、目的を持って行動し、つくったり、かいたり、試したりするようになるが、自分の行動やその結果を予測して不安になるなどの葛藤も経験する。仲間とのつながりが強くなる中で、けんかも増えてくる。その一方で、決まりの大切さに気付き、守ろうとするようになる。感情が豊かになり、身近な人の気持ちを察し、少しずつ自分の気持ちを抑えられたり、我慢ができるようになってくる。  4歳児とはまさに園に十分なじんで、どこに何があるかも分かり、自分の心身が躍動するのが楽しくて仕方がない時期です。毎日、今日は何をしようかと登園してくることでしょう。  身体能力の成長が著しい時期です。日常生活で必要な基本動作がほぼ出来るようになります。歩いたり、走ったり、跳んだりできます。また道具を使った動き(例えばボール遊び)などは経験が必要ですが、慣れてくれば、ある程度上手にこなすようになります。手先の器用さも増してきて、例えば、はさみなども使えます。

好奇心が周りに広がり、何についても関心を持ち、関わりたがります。時に危ないこともしかねませんが、そこを誘導して、安全でありつつ、子どもにとって、挑戦したり、工夫したり出来る面白い活動へと導きます。そう思ってみると、まわりには動物・植物・道具・機会・美術品、そしてもちろん、遊具類や絵本などいくらでも子どもが関わり知っていると良いものがあります。それを見て説明を聞くだけでは子どもは十分その特性を分かるというわけにはいきません。実際に手を使い足を使って、そのものに関わり、作ったり、動かしたり、世話したりして、そのものの特徴を理解していくのです。言葉で説明できるようにはまだ分かっていませんが、そのものにふさわしい適切な関わり方が出来るようになるのです。
知的な力も増し、ものの特徴を知るだけではなく、それを見えないところから説明しようとし始めます。以前のことからどう経過して今のことになり、これからどうなるのか。ものの内側はどういう仕組みになっているのか。そういう興味が出てきています。

こういうことを実現したいというイメージが生まれると、それが目的となり、それを実現するように工夫したり、努力したりもするようになります。逆に、うまくいかないかも知れないとか、失敗したら怖いとかの感情も生まれ、慎重になったり、挑戦を止めたりも出てくるので、励ましや見通しを提供することも大事になります。 仲良しの仲間が生まれてきます。少人数のグループで行動して、仲間意識を持っていることも多くなります。といって、まだ相手に譲るということまで出来るとは限らないので、互いの主張がぶつかったり、イメージがずれたりして、トラブルも起きやすくなります。トラブルを回避するように、妥協の構えを取ることも出てきます。  その際、ルールや約束事を思い出し、それを守るべきだからこうしようと提案したりすることもあるでしょう。自分もやりたいことを押し通すだけではなく、ルールを守ることと両立するように何とか工夫したいと思います。  喜怒哀楽の感情も経験し、同じ喜びでも悲しみでも微妙なニュアンスが生まれます。他の人の感情も感じ取りますが、その理由が何であるかの推察が正確とは限らず、しばしば自分の見方に固執します。  少しずつ自分の激しい感情をなだめることが出来るようになっていきます。自分の思い込みで動くことが多いのですが、それが違うときにそれを変えようと努力します。とはいえ、自己のコントロールはなかなか難しく、子どもの気質によっては出来ないことも多いでしょう。
 
mu06-105x154.png
いかがでしたか?次回のテーマは、「おおむね5歳の発達とは」を予定しています。それではまた来月

 
«前へ