サクセス子ども子育て研究所

<<前へ
rss

おおむね4歳の発達とは

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2017/03/01(水) 11:40

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「おおむね4歳の発達とは」です。


おおむね4歳 (保育所保育指針第2章子どもの発達2.発達過程(6)) 全身のバランスを取る能力が発達し、体の動きが巧みになる。自然など身近な環境に積極的に関わり、様々な物の特性を知り、それらとの関わり方や遊び方を体得していく。想像力が豊かになり、目的を持って行動し、つくったり、かいたり、試したりするようになるが、自分の行動やその結果を予測して不安になるなどの葛藤も経験する。仲間とのつながりが強くなる中で、けんかも増えてくる。その一方で、決まりの大切さに気付き、守ろうとするようになる。感情が豊かになり、身近な人の気持ちを察し、少しずつ自分の気持ちを抑えられたり、我慢ができるようになってくる。  4歳児とはまさに園に十分なじんで、どこに何があるかも分かり、自分の心身が躍動するのが楽しくて仕方がない時期です。毎日、今日は何をしようかと登園してくることでしょう。  身体能力の成長が著しい時期です。日常生活で必要な基本動作がほぼ出来るようになります。歩いたり、走ったり、跳んだりできます。また道具を使った動き(例えばボール遊び)などは経験が必要ですが、慣れてくれば、ある程度上手にこなすようになります。手先の器用さも増してきて、例えば、はさみなども使えます。

好奇心が周りに広がり、何についても関心を持ち、関わりたがります。時に危ないこともしかねませんが、そこを誘導して、安全でありつつ、子どもにとって、挑戦したり、工夫したり出来る面白い活動へと導きます。そう思ってみると、まわりには動物・植物・道具・機会・美術品、そしてもちろん、遊具類や絵本などいくらでも子どもが関わり知っていると良いものがあります。それを見て説明を聞くだけでは子どもは十分その特性を分かるというわけにはいきません。実際に手を使い足を使って、そのものに関わり、作ったり、動かしたり、世話したりして、そのものの特徴を理解していくのです。言葉で説明できるようにはまだ分かっていませんが、そのものにふさわしい適切な関わり方が出来るようになるのです。
知的な力も増し、ものの特徴を知るだけではなく、それを見えないところから説明しようとし始めます。以前のことからどう経過して今のことになり、これからどうなるのか。ものの内側はどういう仕組みになっているのか。そういう興味が出てきています。

こういうことを実現したいというイメージが生まれると、それが目的となり、それを実現するように工夫したり、努力したりもするようになります。逆に、うまくいかないかも知れないとか、失敗したら怖いとかの感情も生まれ、慎重になったり、挑戦を止めたりも出てくるので、励ましや見通しを提供することも大事になります。 仲良しの仲間が生まれてきます。少人数のグループで行動して、仲間意識を持っていることも多くなります。といって、まだ相手に譲るということまで出来るとは限らないので、互いの主張がぶつかったり、イメージがずれたりして、トラブルも起きやすくなります。トラブルを回避するように、妥協の構えを取ることも出てきます。  その際、ルールや約束事を思い出し、それを守るべきだからこうしようと提案したりすることもあるでしょう。自分もやりたいことを押し通すだけではなく、ルールを守ることと両立するように何とか工夫したいと思います。  喜怒哀楽の感情も経験し、同じ喜びでも悲しみでも微妙なニュアンスが生まれます。他の人の感情も感じ取りますが、その理由が何であるかの推察が正確とは限らず、しばしば自分の見方に固執します。  少しずつ自分の激しい感情をなだめることが出来るようになっていきます。自分の思い込みで動くことが多いのですが、それが違うときにそれを変えようと努力します。とはいえ、自己のコントロールはなかなか難しく、子どもの気質によっては出来ないことも多いでしょう。
 
mu06-105x154.png
いかがでしたか?次回のテーマは、「おおむね5歳の発達とは」を予定しています。それではまた来月

 

おおむね3歳の発達とは

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2017/02/01(水) 13:28

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「おおむね3歳の発達とは」です。


おおむね 3 歳 (保育所保育指針第2章子どもの発達2.発達過程(5)) 基本的な運動機能が伸び、それに伴い、食事、排泄、衣類の着脱などもほぼ自立できるようになる。 話し言葉の基礎ができて、盛んに質問するなど知的興味や関心が高まる。自我がよりはっきりして くるとともに、友達との関わりが多くなるが、実際には、同じ場所で同じような遊びをそれぞれが 楽しんでいる平行遊びであることが多い。大人の行動や日常生活において経験したことをごっこ遊 びに取り入れたり、象徴機能や観察力を発揮して、遊びの内容に発展性が見られるようになる。予 想や意図、期待を持って行動できるようになる。

満 3 歳ですから、2 歳児クラスの途中で見られてくる特徴です。 例えば、歩いたり、走ったり、飛び降りたり、ものをつかみ振り回す、スプーンなどの操作など、 基本的な運動の働きがほぼ備わり、まだ上手ではないものの、日常生活で不便はなくなります。運 動遊びを好むようになり、外で鬼ごっこなどはルールの誤解はまだあるにして、楽しんで走り回ります。

日常の生活習慣でのスキルもかなり上手になります。食事は一人で食べるようになるでしょうし、お箸は難しいでしょうが、それ以外の食器はおおむね使えます。何より、食事時間を守れるようになります。
まだ途中で遊んだりもあっても、おおむね、頂きますからごちそうさままで、食べ通して終わることができます。排泄の自立はしつけ次第ですが、大部分の子どもが保育士の配慮の下でおむつが取れて、失敗もほぼなくなります。衣類は脱ぎ着が易しいことが必要ですが、それであれば、一人で着たり脱いだり出来るでしょう。

  言葉は文として話すことが出来ます。語いも急速に増えていきます。日に日に理解が良くなり、言いたいことがはっきりと伝えられます。やりとりも意味あるものとなります。まだ大人の側の補いがかなり必要ですし、適切な言葉を思いつかなくて、うまく言えないことも多いのですが、話したいことを言うようになるでしょう。とはいえ、そこにはかなり聞く側の姿勢が関与していて、じっくりと相手の言いたいことを受け止め、理解し、肯定し、補って聞かねばなりません。 いろいろなことへの疑問が生まれ、「どうして」とか「なぜ」とか尋ねるようになります。身の回りにいろいろなものがあることに目が開かれて、いちいちこれは何だろうか、どういうものか、どういう名称か、何に使うか、などを不思議に思うのです。ただ、まだ明確な因果関係の把握に至 っていないので、たとえ話みたいな回答でもともあれ何か答があれば、満足することでしょう。尋ねて答が帰ってくるということ自体が大事なのです。そこから、周りの世界には法則性があるということへの信頼が生まれます。

  自己主張もはっきりとしてきます。やりたいことがあるので、それを実行しようとします。人にも邪魔されたくないと思います。同時に、思い込みも強いので、一度そう思うとなかなか変えられません。融通の利かなさが目立ちます。
友達への関心が強まり、一緒に遊びたいと思いますが、どうやって一緒にうまく遊ぶかがまだ分かりません。とりあえずそばに行って遊ぶという行動が生まれます。そばに行けば、何となく他の子どものやっていることが見えるので、それをきっかけとして、似たような遊びを始めます。模倣というようにはっきりしている場合もあり、そうではなく、同じ素材を使うので、結果的に同じような遊びになることもあります。そこから次第に交わりが生まれ、一緒にやっているということの気づきと喜びにつながります。

 

  ごっこ遊びも役割(お母さんとか)をにない、それにふさわしい動き方(行動や声や言葉)を出して工夫するようになります。まだ十分物語としての筋を作るのは難しいでしょうが、それらしい振る舞い方をするのが嬉しいのです。日頃の生活でも観察をしていて、その特徴に気づくのでしょう。とはいえ、まだそれは表面的な目立つところに限られますが。そういった振る舞いを他の子どももすると、役割同士のやりとりが展開して、発展します。この時期のごっこは印象に残った出来事を自分で再現して、その意味を自分なりに確かめる過程でもあります。子どもの新奇なことへの出会いを子どもはごっこを通して自分のものにしていきます。

こうしてみたいとか、こうなるだろうと意図や予想を持って物事に関わり始めます。すると、それに沿って、計画したり修正したり、ものを作ったりすることが始まります。それは幼児期の終わりに向けて発展していく力ですが、その芽生えが見られます。子どもの遊びを大事にして、子どもが自発的に取り組んだり、ものを作り出したりする場を増やすことがその育ちにつながります。

 
 
mu06-105x154.png
いかがでしたか?次回のテーマは、「おおむね4歳の発達とは」を予定しています。それではまた来月

 

おおむね2歳の発達とは

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2017/01/04(水) 10:30

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「おおむね2歳の発達とは」です。


おおむね2歳 (保育所保育指針第2章子どもの発達2.発達過程(4))
歩き始め、歩く、走る、跳ぶなどの基本的な運動機能や、指先の機能が発達する。それに伴い、食事、衣類の着脱など身の回りのことを自分でしようとする。また、排泄の自立のための身体的機能も整ってくる。発声が明瞭になり、語彙も著しく増加し、自分の意思や欲求を言葉で表出できるようになる。行動範囲が広がり探索活動が盛んになる中、自我の育ちの表れとして、強く自己主張する姿が見られる。盛んに模倣し、物事の間の共通性を見いだすことができるようになるとともに、象徴機能の発達により、大人と一緒に簡単なごっこ遊びを楽しむようになる。

満2歳代に入ると、移動も活発になり、言葉もよく使うようになり、赤ちゃんというより子どもあるいは幼児という感じが強くなります。とはいえ、まだ言葉はちゃんとした文というまでには至っていませんし、かんしゃくを起こすことも多く、ちゃんと大人と会話が成り立つまでには至っていないでしょう。
 歩くことや走ること、また飛び降りるなども可能になっています。体の重心を中心に安定した動きが出来る上に筋力がついてきて、長く歩けます。もっとも、走るフォームなどはまだ完成にはほど遠く、もたついた動きが見られるのが普通です。そういう移動により、家庭内・園内はもちろん、かなりの距離を散歩することも出来るようになります。日々、運動の力がついていくので、毎日のように散歩や追いかけっこなどをするとよいでしょう。

 


生活習慣の自立が始まります。おむつが取れている子どももそうでない子どももいます。保育園だと保育士が配慮して、おむつが取れるのが早いと思いますが、家庭によっては3歳過ぎまで掛かることも珍しくありません。 排泄の徴候を自分で感じ取り、トイレの便器に向かうまで我慢して、そこで緊張を緩めるというのが排泄の自立ですが、これは結構子どもによっては難しいものなのです。

 食事では箸をスムースに使うのはまだ無理かと思いますが、スプーンなどは使えるようになります。指先に力を込めて、操作することが上手になるからです。衣服の脱ぎ着も簡単なものならできますが、しばしば表と裏や右と左がごっちゃになります。

 言葉の発達は著しいものがあります。語い数が大幅に増えていきます。発音もしっかりとして、一部「幼児音」が残るにしても、聞き取りやすくなります。単語を二つ・三つとつないで文とすることが出来るようになり、伝える意味も複雑になっていきます。会話での明瞭さはまだ足りないとか、相手の言葉を繰り返すとか、やりとりの途中で突然気がそれるとかはありますが、かなりやりとりが続くようになります。
 この時期はいわば周りの物事に目が開かれます。そのものは何だろうとか、その名前は何て言うのだろうという疑問がしょっちゅう発せられるでしょう。これは使っていい?と尋ねたり、また自分の思いつきを試したりもして、ものの性質を確かめるようになります。

 

 自分の当初の思い込みに固執して、言い張ることも増えます。これが「反抗」と呼ばれることもあります。融通が利かなくて、最初にこうしたいとか、こうできると思うと、後から修正がなかなか利かないのです。丁寧な説明が必要ですが、言葉で全部が通じるわけではないので、難しいのです。子どもの気質にもよりますが、当初の思い込みを強固にしてしまう前に、こうしようとか、こうなるとか、簡潔に説明することが大事です。
 感情が激しくなり、かんしゃくとして突然のように表れることも多いでしょう。まず、気持ちの落ち着きを待ち、穏やかな状態になったら、簡単な言葉で約束事を言い聞かせます。
 しかし、そういう思い込みややりたいことが強くあるのは自己主張の表れでもあり、自己の形成の大事な過程でもあります。丁寧に応対することが周りの大人には必要です。
 子どもの言葉の発達は同時に、知的な力が伸びてきていることでもあります。見立てる力が出てきます。積み木を電車に見立てて、走らせるといったことや、お茶のセットで飲む真似をしたりなどがよく見られます。そういった見立てが物事を言葉や身ぶりや頭の中のイメージで表すことに発展していきます。思考力の芽生えなのです。
 友達関係も生まれてきます。周りの同年代の子どものすることに注目し、その真似をして、喜ぶことが増えます。一緒とか、同じということが嬉しいのです。その模倣の力は人との関係の中で学ぶ力の表れとして、大事な発達でもあります。

 
 
mu06-105x154.png
いかがでしたか?次回のテーマは、「おおむね3歳の発達とは」を予定しています。それではまた来月

 

おおむね1歳3か月から2歳未満の発達とは

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2016/12/07(水) 10:30

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「おおむね1歳3か月から2歳未満の発達とは」です。


 おおむね1歳3か月から2歳未満、保育所保育指針の第2章「子どもの発達の2.発達過程(3)」 歩き始め、手を使い、言葉を話すようになることにより、身近な人や身の回りの物に自発的に働きかけていく。歩く、押す、つまむ、めくるなど様々な運動機能の発達や新しい行動の獲得により、環境に働きかける意欲を一層高める。その中で、物をやり取りしたり、取り合ったりする姿が見られるとともに、玩具等を実物に見立てるなどの象徴機能が発達し、人や物との関わりが強まる。また、大人の言うことが分かるようになり、自分の意思を親しい大人に伝えたいという欲求が高まる。指差し、身振り、片言などを盛んに使うようになり、二語文を話し始める。

 1歳の大きな変化はいくつかあります。身体面・運動面では歩き始めるところからかなり長い時間が歩けるように発達していきます。知的な発達も著しく、記憶力が増し、考える力が顕著に見えてきます。何より言葉が出始め、急速に2歳前後に向けて、言葉の数が増えていくのです。
 満1歳前後くらいから、始めの一歩を踏み出しているでしょう。だが、そこから安定した二足歩行に至るのに数ヶ月かかります。歩くのは片足で体重を支えつつ、移動することですから、足の筋肉の発達とバランスとが必要で、その習熟に時間が掛かります。始めは這う方が速いくらいです。

でも、子どもはあきらめることなく、日々、歩くことを試みて、その内、相当に長く立って歩くようになるのです。そうすると、あっという間に行きたいところまで行き着くことが出来ます。1歳の後半になれば、ちょっとした段差なら飛び降りるし、走ることも始めます。この時期こそ歩くこと自体が楽しくて、そういう機会さえ豊富にあれば、運動好きになっている好適な時期なのです。

歩くことは主に足と腰を使う動作ですが、並行して、手や指の操作性が増します。上手にものをつかみ、動かすことが出来ます。手首などの関節の動きも柔軟になり、ものの操作がさらに巧みになります。ものを触り、つかみ、持ち運び、置き、投げるなどが出来ます。それも自分の意図したとおりにかなり正確に出来るようになります。積み木遊びで積み上げるのも1歳半ばになれば、数個くらいには積むようになるでしょう。手先を使う細かい動作も可能になるので、それを伸ばす玩具も面白くなります。
 物への関心が広がりますが、同時に、その物を媒介として人と関わるようにもなります。物を手渡す、物を渡そうとして引っ込める、ボールを転がし、転がし返してもらう、など、物のやりとりと人との交渉が重なっていくのです。

 1歳後半くらいから特に物を見立てる知的な働きが生まれてきます。その前でも、リアルな遊具で物を食べるマネとか、人形をバスタブに入れるなどをし始めます。1歳後半になると、お茶のセットで、お茶を入れて、飲む真似とか、相手にその茶碗を渡すとかの見立て遊びが出てきます。そういった特徴的な動作や取り扱いと一緒なのが特徴です。

 言葉が盛んに発話されるようになります。1歳過ぎたくらいから「まんま」とかで食べ物とか親とかを指したり、ミルクがほしいという意味で使ったりしているかも知れません。1歳半ばくらいから、語いが増えていき、時に二つの語いを組み合わせて、例えば、「ミルク、もっと」とか要求に使ったりします。簡単な見立てが入った絵本(象が出てきて、「ぞうさん」と呼ぶような)が好まれるようになります。なお、言葉の発達は個人差がこの時期は極めて大きく、2歳前に3語文を話す子どももいますが、また片言の子どももいます。ただ、多くは聞く方が先行して、大人の言うことを分かっていることも見られます。

 記憶力も増大し、その場ではなく、以前に言われたことややったことや見たことを覚えていて、再現したり、それを元に、探しに行ったり、要求したりするようになるでしょう。

 感情も豊かに多様になります。特に達成したことへの誇りの感情が生まれるのは大事です。頑張って達成したことを誇りに思い、周りの大人にも認めてもらうと、さらにいろいろなことに進んで取り組むようになるからです。
mu06-105x154.png
いかがでしたか?次回のテーマは、「おおむね2歳の発達とは」を予定しています。それではまた来月

 

おおむね6か月から1歳3か月未満の発達とは

[むっちゃん先生と学ぼう] 投稿日時:2016/11/02(水) 10:30

むっちゃん先生と学ぼう
=====================================
このコーナーでは、むっちゃん先生(無藤隆教授)が、保育・幼児教育の大事なポイントを分かりやすく解説します。一人でじっくり読むのもよし!研修の素材として、園やクラスのみんなと読むのもよし!様々な形でご活用ください。毎月1回(第1水曜日を予定)お届けします。読まなきゃ、損。差がつきますよ!

=====================================

 
mutou2-100x154.png
こんにちは、無藤隆です。今月のテーマは、「おおむね6か月から1歳3か月未満の発達とは」です。


 保育所保育指針の第2章「子どもの発達の2.発達過程(2)おおむね6か月から1歳3か月未満 」を取り上げます。

 おおむね6か月から1歳3か月未満では、座る、はう、立つ、つたい歩きといった運動機能が発達すること、及び腕や手先を意図的に動かせるようになることにより、周囲の人や物に興味を示し、探索活動が活発になる。特定の大人との応答的な関わりにより、情緒的な絆が深まり、あやしてもらうと喜ぶなどやり取りが盛んになる一方で、人見知りをするようになる。また、身近な大人との関係の中で、自分の意思や欲求を身振りなどで伝えようとし、大人から自分に向けられた気持ちや簡単な言葉が分かるようになる。食事は、離乳食から幼児食へ徐々に移行する。


 ゼロ歳代の半ば頃から、多くの乳児はしっかりと座り、ハイハイを始めます。重心が安定して、身体としてのまとまった動きを自らの力で操作できるようになるからです。這うのは、腕や足の運動の発達に伴うのですが、同時に何かを目指して、そこに到達しようとする意欲からも促されます。とはいえ、数週間、前に進もうとしてかえって後ろに下がるという具合に思うには任せないことも見られますが。腕やひじ・ひざ、手首・足首などの力が増すにつれて、それらを巧みに強く使って、素早く移動できるようになります。
同じ頃に、座った状態で、物があるとそこに手を伸ばし、次第にその物を目指してつかめるようになります。この手伸ばしと把握の操作が生まれると、子どもはその環境を著しく豊かに使えるようになるのです。物に手を伸ばし、それを取って、そばで眺めたり、口でなめたり、かんだり、さらに叩いたりして、すべての感覚を使って、物の理解が可能になっていくからなのです。
 そこに移動が加わると、興味を持った物のそばに行って、それをつかむことが出来ます。さらに、物をぐるりと回ってみることが出来るから、物の表側(ベッドから見える方)だけではなく、裏側を知って、立体的に把握するようになります。ハイハイがさらに上手になると、引き出しを開けたり、隣の部屋に立ち入ったりできます。つかまり立ちが出来れば、テーブルの上ものぞけるでしょう。子どもの世界はそれまでから一段飛躍して広がり、家の中の至る所に出向きます。

 並行して、社会性の始まりが見られます。その最も大事なものが特定の養育者との安定した愛情ある温かい関係の成立です。それを「愛着」と呼びます。あやしてもらうこと自体はかなり多くの人の間で成り立つのですが、特に疲れたときなど特定の養育者の元にいると安心出来、再び、まわりの探索にでられるようになっていきます。それが多くの乳児にとってゼロ歳の後半に生じるのですが、それが家庭の保護者の間とともに、園の担当する保育者との間にも(保護者との間ほどに強くないにしても)成り立つことでしょう。そうなって子どもはその場に安心していられるようになるのです。そういった愛着関係を元に、子どもは新奇な環境に立ち入り、見慣れない物でもあえて近づき、その物が何かを探り、試すようになります。
 そういった愛着関係と特定の人のいわば気心が知れたことの裏返しで、見知らぬ人を怖がることも生まれてきます。見慣れないという以上に、応対の仕方が似ているようで違うので、違和感を感じて、それが子どもによってはおびえにつながるのです。なお、これには個人ごとの気質の違いが大きいのですが、そうはいっても、愛着のある人がいない場面であると、ほとんどの子どもは人見知りを示すものです。


 ゼロ歳の終わり頃に、言葉の手前の段階の、身ぶりや表情や指さしや発声などの総合による意志の伝え合いが始まります。ミルクをほしいという発信や、逆にミルクを飲みたい?といった言葉掛けが通じるようになるでしょう。そこに特定の発声のパターンが結びつき、「まんま」といった言葉を使い始めることもこの時期に出てくることもあるのですが、多くはそういった明瞭な発音にはまだならないでしょう。そういった言葉の始まりを助けるのは、周りの養育者・保育士の感受性のある対応の仕方によっているので、その配慮が欠かせません。
mu06-105x154.png
いかがでしたか?次回のテーマは、「おおむね1歳3か月から2歳未満の発達とは」を予定しています。それではまた来月

 
«前へ