サクセス子ども子育て研究所

<<前へ
rss

34.新しいクラスで(1歳児)

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/05/23(火) 10:30

むっちゃん先生、こんにちは。 新年度になり担当が変わり1歳児クラスになりました。
 
子ども達は昨年からの保育者の方ばかりにいってしまします。早く仲良くなりたいと思うばかりです。
 
1歳児は愛着の形成・安定の時期です。そういった以前から親しみを持っている大人を信頼し、そのそばにいたいというのは当然ですし、望ましいことです。
 
そう思います。
 
愛着は複数の人に感じることが出来るようになるのです。
 
遊びに誘う!
 
焦らずに、まずは以前からいる保育者のサポートをすることから始めましょう。
 
次第にその人ばかりを何人もの子どもが奪い合うのがつまらないと気づく子どもが出てきて、その子たちがそばに寄ってきます。
 
サポートしつつ、面白い遊びに誘ってみます。子どもの好きそうな遊びをたくさん考えておこう!ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!

32.生き物に親しみ命を大切にする

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/05/16(火) 07:19

むっちゃん先生、こんにちは。今週もよろしくお願いします。
 
外遊びの時にアリの様子をじっと見ていると思ったら、アリを見つけてつぶしていました。(3歳児)
 
「かわいそうだよ」「やめようね」などとやらないような声かけをしたのですが、なんとなく不十分な気もします。
 
好奇心の表れですから、叱らなくてよいのですが。ただ、命は大事にしてほしいという保育者の思いは伝えましょう。「あらあ、そういうのは先生はイヤだな。ありさんも命があるからね。」というくらいでしょうか。
 
命の大事さを伝えられるかな?
 
そして、例えば、ありがどこに行くのか、追いかけてみても面白いですね。ありが餌を運んで、巣穴に入れるのを、砂糖などを置いて観察も出来ます。
 
楽しそう!
 
その上で、長い目で見て、動物への関わりを増やします。ありが生きていて、おもちゃとは違う、という実感を得るようにしていく必要があります。
 
例えば、ガラスの巣箱に土を入れて、ありを飼ってみる。ありが生まれ、育ち、餌を食べ、という生態を知ると、殺したりしなくなります。
 
飼うことで、身近に感じそうです。
 
生態を描いた絵本を折に触れ、読んでやるのもよいでしょう。
 
そうですね。ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!

04.応答的ってなあに?

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/05/09(火) 07:00

週刊むっちゃん(保育Q&A)
=====================================
保育者歴3年目の「たっくん」と5年目の「さっちゃん」。2人の保育者が、保育のあんなこと・こんなこと、素朴な疑問をむっちゃん先生(無藤隆教授)にぶつけます。2人の疑問にむっちゃん先生はどんな回答をくれるでしょう!毎週火曜日、どうぞお楽しみに。

=====================================

 
むっちゃん先生こんにちは。先生にいろいろなことを相談できると聞いてうかがいました。よろしくお願いします。
 
毎日の保育の中で、子どもたちがいろいろな表情を見せてくれ楽しくすごしています。また、その中で子どもへの応答的な関わりが大事であると学びました。
 
そうですね。
 
でも、ある先輩は、『応答と言っても、子どもの要望を全部聞くわけではないでしょ。』といいます。応答的って範囲があるんですか。
 
応答とは、相手の要望通りにことをすることではありません。
 
気づかないとか、無視するのではなく、ダメとか、違うことを提案することを含めて、返事をし、相手のしていることを認め、したい気持ちを受け入れ、その上で、発展を促したり、方向を修正したりするのです。
 
したい気持ちを受け入れ、促したり、方向を修正したりするんですね。ありがとうございます。また、来週お願いします。
 
さようなら。また、来週!

43.「乳児クラスの食育」

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/05/02(火) 10:30

むっちゃん先生、こんにちは。保育所の食育は「食を営む力」の育成の基礎を培うと理解しています。
 
栽培と調理もしようと思うのですが、年齢が低いとあまりできません。幼児になってから行えばいいですか。
 
本格的には3歳以上からでしょう。
 
でも、1歳とか2歳でも栽培や調理の様子を見ることは出来ます。プランターのハーブを摘んで、2歳の子どもに手渡して、担当の保育者に持って行ってもらうなども出来そうです。
 
香りや手触りにに興味を持ちそう!
 
パンケーキをフライパンで作って食べるというのも何歳でもそれを見たり、すこしだけ手を使ってみたりもできます。
 
作っている様子を一緒にみてみよう。
 
どの年齢でも、ごっこ遊びと本物の活動と、それを見ることと、さらに絵本で接することのどれもが大切です。その組み合わせも考えましょう。
 
ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!

13.『対話』ってなあに?

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/04/25(火) 20:00

むっちゃん先生、こんにちは。今週もよろしくお願いします。
 
最近よく「子どもと対話する」保育という言葉を聞きます。子どもとは、「会話」し生活しているのですが、『対話』との違いがイメージできません。子どもと対話するとは、どのようなことを指すのですか。
 
やりとりをすることです。子どもが興味を持ち、注意を向けた物について、それを話題にし、それに子どもが応じて言葉や身振りで返したときに、うなずいたり、さらに言葉を加えたりする。
 
うんうん。
 
あるいは子どもが言葉を発したときに、そのことを認め、さらに続けるよう励まし、また子どもの本当に言いたいことを膨らませ、言い換えて返してやる。
 
例えば、子どもが「映ってる」と言葉にした時に「水たまりが鏡みたいだった、ね?」などですか?
 
それが続く。そこに対話があります。
 
それは単に言葉のやりとりというより、子どもがいろいろなものに関わり、興味を持ったときに、それを言葉によりさらに関わりを発展するよう仕向けることです。それは指示ではなく、子どもがやろうとしたことを補い、広げることです。
 
ありがとうございました。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!
«前へ