サクセス子ども子育て研究所

<<前へ
rss

47.小学校との連携その②

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/01/16(火) 10:30

むっちゃん先生こんにちは。先週は小学校との連携は、
1.子ども同士の交流
2.職員同士の交流や情報共有や相互理解
3.児童要録の送付、
は必ず実施するよう求めているということでした。
 
それはなぜ必要か。
 
なぜですか。
 
子どもの発達の連続性の故です。
 
子どもは乳幼児期の発達を保育所の保育を通して促され、様々なことを学んできています。それを引き継ぎ、発展させるのが小学校です。
 
引き継いでいくことが大切なんですね。
 
ですから、保育所側は小学校で行う学習のあり方を見通し、小学校側は幼児期に育った子どもの力や保育所の指導のあり方を理解して、子どもの育ちと学びが順調に引き継がれていくようにするわけです。
 
なるほど!
 
ですから、子ども同士が触れ合い、年齢の異なるもの同士で、小さい子どもは年上の子どものすることにあこがれを抱き、年齢の高い子どもは低い子どものお世話をして、成長を実感する機会とするのです。
 
そうかぁ。
 
また保育士と小学校教諭が互いにやっていることは相当に異なっていても、それぞれの時期にふさわしい教育(あるいは保育)をしているのですから、それぞれを尊重しつつ、どうやれば、うまくつながるかをお互いに考えるのです。
 
尊重し合う。
 
それにふさわしいことを、保育所側も小学校側もともに連携して進めましょう。
 
わかりました。
 
そうなっていますか。
 
そうですね。この2週間での説明をみんなで確認してみます。ありがとうございました。
 
さようなら。また、来週!
 

46.小学校との連携その①

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/01/09(火) 12:00

小学校との連携で保育所児童保育要録を送ったり、学校見学に行ったりしています。連携とはこのようなことなのでしょうか。
 
それでは、説明しよう。
保育所保育指針を見ると、第3章には、「保育所の保育が、小学校以降の生活や学習の基盤の育成につながることに留意し、幼児期にふさわしい生活を通して、創造的な思考や主体的な生活態度などの基礎を培うようにすること。」とあります。
 
第4章では、特に「小学校との連携」と題して、「子どもの生活や発達の連続性を踏まえ、保育の内容の工夫を図るとともに、就学に向けて、保育所の子どもと小学校の児童との交流、職員同士の交流、情報共有や相互理解など小学校との積極的な連携を図るよう配慮すること。」とあります。
 
さらに、その次に、「子どもに関する情報共有に関して、保育所に入所している子どもの就学に際し、市町村の支援の下に、子どもの育ちを支えるための資料が保育所から小学校へ送付されるようにすること。」となっていて、保育所児童要録の必要性を指摘しています。
 
はい。
 
つまり、保育指針で求めている連携とは、
 
子ども同士の交流
 
職員同士の交流や情報共有や相互理解
 
児童用録の送付、は必ず実施するよう求めています。
 
そうなんですね。
 
それはなぜ必要か。
 
続きは、また来週!
ありがとうございます。早く来週来ないかな!
 

45.「心情、意欲、態度」

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/12/26(火) 10:00

むっちゃん先生、こんにちは。保育の計画を考える時に「子どもが身に付けることが望まれる心情、意欲、態度」が大切だと聞きました。
 
分かるような気もするのですが、やっぱり難しいです。
 
心情、意欲、態度とは、楽しいこと、面白いことを見つけること、熱中すること、何度でも試すこと、難しいことに挑戦すること、それを持続させて粘り強く取り組むこと、などのことです。
 
熱中して、試したり挑戦したりする。
 
それを具体化するには、領域ごとの内容について、楽しいことや集中できる遊びの機会を用意したり、子どもが見つけた面白い遊びを続けられ、発展できるようにしてやることなのです。
 
子どもが見つけた面白い遊びを明日に繋げていくんですね。
 
まさに保育そのもののことだと思いませんか。
 
そうですね!
 
そこから育つ学びの中核を心情・意欲・態度と呼んでいます。
 
ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!

44.「保育参観で」

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/12/19(火) 11:00

むっちゃん先生、こんにちは。保護者の方への保育参観・参加の機会があります。
 
「できる」ことを見せようと計画してしまい、せっかくの普段の様子を見て頂くことができません。でも、保護者も「あんなこともできるのね」と期待しているような気もします。
 
子どものいいところを見せるのは大事です。
 
ただ、子どもの良いところがすぐに保育に慣れない大人に分かるとは限りません。そこで、子どもの良さを解説することが大切になります。
 
解説かぁ。
 
いわば見所を示すのです。練習の時はうまく言えなかったのに、皆の前では上手だったね、とかほめることも大事ですが、もっとさりげない遊びの様子で、子どもが成長していたり、頑張っていたり、するところを指摘するのです。
 
さりげない遊びの様子が大事ですね。
 
子どもに向けてほめてやっても、見ている側の保護者に良い点を指摘してもよいでしょう。
 
実際に保育している様子を保護者にもわかりやすく共有するイメージでしょうか。
 
なお、たまたまの参観で最も良い点がどの子どもも出してくれるとは限りません。日頃の保育の様子をいかに具体的に伝えるかも普段から考えましょう。
 
わかりました。ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!

43.「乳児クラスの食育」

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/12/12(火) 10:30

むっちゃん先生、こんにちは。保育所の食育は「食を営む力」の育成の基礎を培うと理解しています。
 
栽培と調理もしようと思うのですが、年齢が低いとあまりできません。幼児になってから行えばいいですか。
 
本格的には3歳以上からでしょう。
 
でも、1歳とか2歳でも栽培や調理の様子を見ることは出来ます。プランターのハーブを摘んで、2歳の子どもに手渡して、担当の保育者に持って行ってもらうなども出来そうです。
 
香りや手触りにに興味を持ちそう!
 
パンケーキをフライパンで作って食べるというのも何歳でもそれを見たり、すこしだけ手を使ってみたりもできます。
 
作っている様子を一緒にみてみよう。
 
どの年齢でも、ごっこ遊びと本物の活動と、それを見ることと、さらに絵本で接することのどれもが大切です。その組み合わせも考えましょう。
 
ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!
«前へ