サクセス子ども子育て研究所

<<前へ
rss

73.「子どもの人権」

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/07/10(火) 10:30

こんにちは。子どもの人権を大切にする保育が大切なことは理解しているのですが、具体的にはどんなことなのでしょうか。
 
子どもの権利条約というものに、子どもの人権についての基本が明記されています。その基本の4つの柱はこうです(ユニセフによる)。
 
生きる権利:子どもたちは健康に生まれ、安全な水や十分な栄養を得て、健やかに成長する権利を持っています。
 
守られる権利:子どもたちは、あらゆる種類の差別や虐待、搾取から守られなければなりません。紛争下の子ども、障害をもつ子ども、少数民族の子どもなどは特別に守られる権利を持っています。
 
育つ権利:子どもたちは教育を受ける権利を持っています。また、休んだり遊んだりすること、様々な情報を得、自分の考えや信じることが守られることも、自分らしく成長するためにとても重要です。
 
参加する権利:子どもたちは、自分に関係のある事柄について自由に意見を表したり、集まってグループを作ったり、活動することができます。そのときには、家族や地域社会の一員としてルールを守って行動する義務があります。
 
子どもの権利条約ですね。どのように保育のなかで反映していくのでしょうか。
 
これらの権利は同時に児童福祉法の理念そのものであることが分かるでしょう。保育所にももちろん当てはまります。
 
生きる、守られる、育つを実現することは言うまでもなく保育所の使命です。
 
さらに、参加する権利は乳幼児が自分の言葉で語れるとは限りませんが、その発言や活動からその望みや考えを推察し、尊重することができます。
 
保育の中で一人ひとりの望みを尊重したいと心掛けてはいますが、、、
 
全て子どもの言うとおりにするということではなく、仮にその主張や要求にしたがないとしても、それを認め、できる限り受け入れるようにするのです。
 
わかりました。ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら、また来週!

72.泣いている子

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/07/03(火) 10:00

こんにちは。泣いている子がいた時、早く泣き止む為に泣き止ませる方法をたくさん知っていたほうが良いですか。
 
いろいろな「コツ」が良く伝えられています。それは知っていると便利です。ただ、基本はどうして泣いているか、その前の状況を見つつ、探ることも必要です。
 
おなかが空いているのか、転んだり、ぶつかったりしたのか。おむつをしていて、汚れたのか。ほしいものがあるのに、手に入らないからか。単に朝から機嫌が良くないのか。
 
どうしても理由が不明で、泣いていることもあります。
 
そんな時、こちらも困ってしまいます。
 
だっこしたり、トントンして、気持を穏やかにしていきましょう。
 
保育者との信頼関係があると、それだけでも次第に泣き止んできます。子どもが泣いてはいけないということはまったくありません。ときに子どもは泣くものです。
 
そう聞くと、少し余裕が持てそうです。
 
ただ、それが長く続くとか、毎日のように起こるという場合、担当者と主任・園長などと話し合い、どう対応するかを一緒に考えましょう。
 
一人で悩まず相談してみます。ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら、また来週!

71.怒ると叩く子(4歳児)

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/06/26(火) 10:00

こんにちは。怒るとすぐに物をなげたり、叩いたりする子がいます。話をしてもなかなか理解できません。どのように接したらよいでしょう。
 
かっとなりやすい気質であったり、家庭で辛いことがあったり、いささか力で言うことを聞かせるしつけをしたりしていると、怒ったときに、暴力に頼ることがあります。
 
また知的な理解が足りなかったり、相手の気持が分かりにくい特質があると、そういった乱暴な行動に出やすい場合もあります。
 
そうなんですね。
 
まず、その怒りに共感する必要があります。
 
時々、なぜそんなに怒るのか、わからないことがあります。
 
そうだと認めることはなくても、その怒りを感じたことは子どもに取って本当のことなのですから、「怒っているんだね、イヤだったんだね」と気持を受け入れます。
 
イヤだった気持ちを受け入れる。
 
その上で、どういうことがイヤなのかを話してもらうようにします。
 
そして、たぶん誤解をしていることも多いので、その誤解をただしますが、それも、そう思っていたんだ、だったら怒りたくなるね、と同情心が必要です。
 
怒りが収まるまで、だっこしたり、なでてやったりしましょう。
 
収まるまでゆっくりと。
 
気持が収まってきたら、「では、どうすればいいかな」と本人に気づきを促しながら、「こうすればよさそうだね」とやり方を指導します。
 
なお、危険な行為は「危ないからしない」と約束するようにします。
 
はい。ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら、また来週!

70.夜空への関心

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/06/19(火) 10:00

こんにちは。夏の夜空はきれいだと思うことがあります。
 
子ども達にもそのことを伝え、興味・関心を持ってもらおうと考えているのですが、実物を一緒にみることはできません。ワクワク、関心を持つためにどんな工夫をしたらよいでしょうか。
 
夏が良い機会ですね。
 
夕方、夕日がきれいだったり、宵の明星が見えたりしませんか。そういうときに一緒に見てみましょう。
 
夕方の空なら、一緒にみることができそうです。
 
保護者の方々にお話をして、たまには夜空を見てはと誘うのもよさそうです。ある園では、そのために田舎でキャンプをして、星空を見せるそうですが、それはなかなか出来ないので、可能ならということで、保護者に伝えるくらいかも知れません。
 
保護者にも関心を持ってもらえるよう伝えてみます。
 
星座の絵本などもよいでしょう。七夕なども良い機会ですね。
 
早速、本棚に用意してみます。ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら、また来週!

69.公開保育をしよう

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/06/12(火) 10:00

こんにちは。研修の一環として「公開保育をしよう」ということになりました。初めて行うので、なんだか不安です。一番 いいところ見てもらいたいです。
 
どんな保育でも良い点もあり、不十分な点もあるものです。
 
はい。
 
また、半日程度見るだけで、分かることもあるでしょうが、理解が行き届かない点も多々あります。
 
参加して、保育を見る方々に、一つは、そういったことをちゃんと理解してもらうことと、
 
必ず良い点や参考になった点をあげてもらうこと、
 
また不十分に感じたり、疑問に感じたことがあるなら、ではどうすれば良いかという提案として出してもらうよう、伝えるとよいのではないでしょうか。
 
3つのポイントをお伝えしておくのですね。
 
もっとも、どの園も互いに見せ合うことが定着すると、そういった不安も減っていくと思います。
 
まずは、はじめてみます。ありがとうございました。また、お願いします。
 
さようなら、また来週!
«前へ