サクセス子ども子育て研究所

<<前へ
rss

66.発達の連続性を踏まえた保育

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/03/21(火) 10:00

こんにちは。どうして「発達の連続性を踏まえた保育」が、大事なのですか。
 
「連続性を踏まえる」と「発達に即した」とでは、どのような違いがあるのでしょうか。
 
発達とはある日、突然、別の人になるということで進むわけではありません。
 
常に前の状態を受けて、様々な経験を通しながら、少しずつ進むものです。
 
どういう経験を可能にしていくか、それが保育です。
 
はい!
 
保育を適切に進めるためには、前の状態がどういうものかを分かって、それに応じて、また今の子どものあり方を知って、それに対応して働きかけることで、身のあるものとなります。
 
前の状態や今の子どもの様子をよく知るということですね。
 
しかし、実際には、年齢が変わり、クラスが代わり、また家庭から始めて園に入る子どもがおり、また園から小学校へと移行します。
 
そこにはかなりの環境の断絶があり、子どもの戸惑いが生じるだけではなく、せっかくかなり育ってきたところを生かし切れないもどかしさが生まれます。
 
はい。そう感じることもあります。
 
それを連続的に勧められるようにしていきます。そのように、連続性を踏まえつつ、今の子どもの発達に即して働きかけを行います。
 
わかりました。ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら、また来週!

03.どうする?保育の省察と記録

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/03/14(火) 07:00

週刊むっちゃん(保育Q&A)
=====================================
保育者歴3年目の「たっくん」と5年目の「さっちゃん」。2人の保育者が、保育のあんなこと・こんなこと、素朴な疑問をむっちゃん先生(無藤隆教授)にぶつけます。2人の疑問にむっちゃん先生はどんな回答をくれるでしょう!毎週火曜日、どうぞお楽しみに。

=====================================

 
むっちゃん先生、こんにちは。今週もよろしくお願いします。
 
今は、記録をどうとったらよいかと悩んでいます。先輩から、『保育を記録し省察することは、保育の専門性を高める上で必要とされている。』と言われました。どのように省察したらよいでしょうか。
 
一つは記録のやり方について、気楽に取れるように、写真を使って、文章記述を簡単にします。
 
できそう!
 
もう一つはそこでの特定の面白いと思われたエピソードについて、子どもがどんなことを学んだのだろうかと考えてみます。そして、その学びは長期の指導計画や保育課程つまりは保育指針のどの項目とどの項目に該当しそうかを考えてみます。
 
さらに、それをもっと高めるとしたら、どういう働きかけが可能か、どういう素材や場を用意すればよいかを検討してみます。
 
そこに正答はありませんが、ただ、いくつものアイディアや見方を作り出してみることが大事です。それが視野を広げ、いざという時の対応力を作ります。
 
がんばってみます。
 
応援しています。また、来週!

02.どうして保育の計画は必要なの?

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/03/07(火) 10:00

週刊むっちゃん(保育Q&A)
=====================================
保育者歴3年目の「たっくん」と5年目の「さっちゃん」。2人の保育者が、保育のあんなこと・こんなこと、素朴な疑問をむっちゃん先生(無藤隆教授)にぶつけます。2人の疑問にむっちゃん先生はどんな回答をくれるでしょう!毎週火曜日、どうぞお楽しみに。

=====================================

 
むっちゃん先生、こんにちは。今週もよろしくお願いします。
 
さっそくですが、前回のアドバイスを受けて保育の計画を立てようと思うのですが、保育の計画は、計画はするけれど柔軟に対応することが大切だと聞きました。柔軟に対応するのに計画って必要ですか。
 
例えば、旅行でもツアーパックでまったくすべてが決まっているより、その都度、よいところを見たり、レストランに行ったりすると楽しいですが。
 
では、全く何もその土地のことを知らずに行けばよいのかといえば、たいていは、こことここは見たいとか、この土地はこういう名物料理があるから食べようとか思います。
 
そういう具体的なことはなくても、今までしたことがないことをしようとか、今回はゆっくり過ごしたいとか思います。あるいはその都度の体調で、今日は夕食は軽めがいいとかも変えてよいわけです。
 
そうですね。
 
つまり、保育の計画もおおむねのメドがあって、でも、その都度の様子で変えていくものです。ですが、その変え方は全く何でもよいというより、その時期にぜひ子どもに経験させたい事柄があるとか、その年齢ならこのくらいのところまで行くように支援したいとか考えるわけです。
 
そういったその都度の対応やそのための準備について、どういうことが必要かとかどういう原則に基づくかとか、さらにどういったことを子どもに経験させたいかの保育者の願いがあり、柔軟な対応が実現するわけです。
 
すごくよくわかりました。ありがとうございます。また、来週お願いします。
 
さようなら。また、来週!

82.「実習生への助言」

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/02/28(火) 10:30

こんにちは。実習生が来た時に、身近な先輩としてできることってなんでしょうか。
 
実習生にとって出来ないことばかりです。身近な先輩として、励まし、助言してやってください。
 
でも、気がついたことは注意したほうが良いですよね。
 
否定言葉は禁物です。「こんなこともできないの」「何、勉強してきたの」という類いのことは言わないようにしましょう。
 
実習生はいつ子どもを手伝ったりすればよいか、どこでは見守った方がよいかも分かりません。
 
確かにそうだと思います。どのように伝えていけばよいのでしょうか。
 
それを教えるのは難しいので、出来たときにほめてやりましょう。
 
日誌もなかなか大変そうです。
 
実習日誌は特に大変です。なるべくたくさん書かないで済むようにしてやるとよいと思います。
 
誤字などは後で直せばよいので、子どもの様子が多少書かれており、どうそれに対応するかの保育の方針が見えていれば十分です。
 
子どもの様子がわかり、保育の方針が見えるよう支えていきたいと思います。
 
ありがとうございました。また、お願いします。
 
さようなら、また来週!

70.夜空への関心

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/02/21(火) 10:00

こんにちは。冬の夜空はきれいだと思うことがあります。
 
子ども達にもそのことを伝え、興味・関心を持ってもらおうと考えているのですが、実物を一緒にみることはできません。ワクワク、関心を持つためにどんな工夫をしたらよいでしょうか。
 
冬が良い機会ですね。
 
夕方、夕日がきれいだったり、宵の明星が見えたりしませんか。そういうときに一緒に見てみましょう。
 
夕方の空なら、一緒にみることができそうです。
 
保護者の方々にお話をして、たまには夜空を見てはと誘うのもよさそうです。ある園では、そのために田舎でキャンプをして、星空を見せるそうですが、それはなかなか出来ないので、可能ならということで、保護者に伝えるくらいかも知れません。
 
保護者にも関心を持ってもらえるよう伝えてみます。
 
星座の絵本などもよいでしょう。七夕なども良い機会ですね。
 
早速、本棚に用意してみます。ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら、また来週!
«前へ