サクセス子ども子育て研究所

<<前へ
rss

66.発達の連続性を踏まえた保育

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/05/22(火) 10:00

こんにちは。どうして「発達の連続性を踏まえた保育」が、大事なのですか。
 
「連続性を踏まえる」と「発達に即した」とでは、どのような違いがあるのでしょうか。
 
発達とはある日、突然、別の人になるということで進むわけではありません。
 
常に前の状態を受けて、様々な経験を通しながら、少しずつ進むものです。
 
どういう経験を可能にしていくか、それが保育です。
 
はい!
 
保育を適切に進めるためには、前の状態がどういうものかを分かって、それに応じて、また今の子どものあり方を知って、それに対応して働きかけることで、身のあるものとなります。
 
前の状態や今の子どもの様子をよく知るということですね。
 
しかし、実際には、年齢が変わり、クラスが代わり、また家庭から始めて園に入る子どもがおり、また園から小学校へと移行します。
 
そこにはかなりの環境の断絶があり、子どもの戸惑いが生じるだけではなく、せっかくかなり育ってきたところを生かし切れないもどかしさが生まれます。
 
はい。そう感じることもあります。
 
それを連続的に勧められるようにしていきます。そのように、連続性を踏まえつつ、今の子どもの発達に即して働きかけを行います。
 
わかりました。ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら、また来週!

65.甘えと依存

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/05/15(火) 10:00

こんにちは。子どもが甘えてきたり、頼ったりと依存してくることがあります。
 
いずれ就学することを考えるともっと自立してほしいと思うのですが、あまり依存させずにもっと何でも自分でやらせて、自立させた方が良いのでしょうか。
 
甘えたい時はあるものです。
 
そういうときは、いろいろな事情を汲んでやりながら、時にはだっこしてやるなど、甘えさせることも必要です。
 
いつも頼ってくる子はどうでしょう。
 
いつも依存して、やってもらう場合には、半分くらいやってやり、後は自分でさせるとか、ヒントを出して考えさせるとか、どうすればよいと思うと尋ねて、考えを引き出すとかの保育士側の工夫が必要になります。
 
半分くらいから、少しずつ。
 
子どもは依存しつつ自立していきます。依存がまったく消えることは大人になるまでありません。
 
安心しました。ありがとうございます。また、よろしくお願いします。
 
さようなら、また来週!

64.「美しさに気づく」

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/05/08(火) 10:00

こんにちは。子ども達には、様々な美しさに気づいたり、触れたりしてほしいと思います。
 
子どもと共に美しさ味わいたいと思うのですが、どうやって伝えたらよいのでしょう。保育者が気づけば気づくものなのでしょうか。
 
保育者の思いだけでは足りません。
 
はい。
 
まずは環境のすべてを美しく整えます。
 
次に、できる限り、それは子どもが手を触れられるようにします。
 
触れられることが大事なんですね。
 
子どもが興味を持つように、時々展示その他を変えて、その都度、こう変わったよと伝えます。
 
こういうところが素敵だと思う、と言うことも大事です。素敵に飾り付けることも大事です。
 
言葉にしてみるのですね。
 
花を生けるとしても子どものいるところで、花を生けてみて、こうしたんだけれど、どう思う?、と話しかけてみましょう。
 
ありがとうございます。早速、整えてみます。また、よろしくお願いします。
 
さようなら、また来週!

63.領域環境その②

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/05/01(火) 10:00

こんにちは。前回、身近な環境についてのお話を伺いました。
 
子ども達の気づきは、ことさら「環境」について取り入れると思わなくても、積み木でも色水遊びでも、また季節に応じた行事でも、環境の中の活動ということになる、ということでした。
 
そうでしたね。
 
ただ、日頃の保育室や園庭や散歩などで、環境の「内容」で点検をし直してみて、子どもの経験で抜けているものがないかどうか点検してみましょう。
 
はい。
 
散歩の時に季節の天候の変化や植物の違いなどに気付くように誘っているでしょうか。
 
う~ん。
 
プランター程度でもちょっとした栽培が可能です。
 
身近な素材を作って、作ったりするのも環境の関わりです。砂場にトイを使って水を流し入れるなどもそういった活動になります。数や図形や文字も保育室の環境の中に示していくことが出来ます。
 
いろいろな活動がありますね。
 
それぞれのものの特徴にふさわしく、その特徴を活かした関わり方をすることや、そこでそのものの特性に気付いたら、それを皆で共有するなどが大事になります。
 
ありがとうございます。また、よろしくお願いします。
 
さようなら、また来週!

62.領域環境その①

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2018/04/24(火) 10:22

こんにちは。領域「環境」のねらいには、「身近な環境に自分からかかわり、発見を楽しんだり、考えたり、それを生活に取り入れようとする」とあります。
 
「身近な環境」というと「自然」ばかり思い浮かんでしまいます。他の「環境」をどのように取り入れたらよいでしょうか。
 
身の回りには様々なものがあります。それらに関わり、その特徴に合わせて使ったり、関わったりして、その特徴に気付いていくというのが領域・環境のねらいです。
 
保育指針の環境の項目は下に引用した通りです。
 
はい。
 
自然以外の、いろいろなものが含まれます。
 
それには玩具・遊具や機械などもあってよいでしょう。動植物の飼育栽培も含まれます。行事を含めて、季節の生活も入ります。
 
本当にいろいろありますね。
 
身近な環境の中には様々な記号や文字や数も使われているので、それも子どもは気付いたり、使ったりします。
 
記号もなんですね。
 
そう考えると、ことさら「環境」について取り入れると思わなくても、積み木でも色水遊びでも、また季節に応じた行事でも、環境の中の活動ということになります。
 
そうですね。
 
この続きは、また来週!
 
早く聞きたいな!
 
環境
周囲の様々な環境に好奇心や探究心を持って関わり、それらを生活に取り入れていこうとする力を養う。
(ア)ねらい
①身近な環境に親しみ、自然と触れ合う中で様々な事象に興味や関心を持つ。
②身近な環境に自分から関わり、発見を楽しんだり、考えたりし、それを生活に取り入れようとする。
③身近な事物を見たり、考えたり、扱ったりする中で、物の性質や数量、文字などに対する感覚を豊かにする。
(イ)内容
①安心できる人的及び物的環境の下で、聞く、見る、触れる、嗅ぐ、味わうなどの感覚の働きを豊かにする。
②好きな玩具や遊具に興味を持って関わり、様々な遊びを楽しむ。
③自然に触れて生活し、その大きさ、美しさ、不思議さなどに気付く。
④生活の中で、様々な物に触れ、その性質や仕組みに興味や関心を持つ。
⑤季節により自然や人間の生活に変化のあることに気付く。
⑥自然などの身近な事象に関心を持ち、遊びや生活に取り入れようとする。
⑦身近な動植物に親しみを持ち、いたわったり、大切にしたり、作物を育てたり、味わうなどして、生命の尊さに気付く。
⑧身近な物を大切にする。
⑨身近な物や遊具に興味を持って関わり、考えたり、試したりして工夫して遊ぶ。
⑩日常生活の中で数量や図形などに関心を持つ。
⑪日常生活の中で簡単な標識や文字などに関心を持つ。
⑫近隣の生活に興味や関心を持ち、保育所内外の行事などに喜んで参加する。
«前へ