サクセス子ども子育て研究所

<<前へ
rss

19.連絡帳に何を書く?

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/07/25(火) 14:00

むっちゃん先生、こんにちは。今週もよろしくお願いします。
 
日中の様子を保護者に伝えたいと思い連絡帳に様子を書くのですが、読まれていないような気もします。保護者にもっと興味や関心をもってもらえるようにはどのようにしたらよいでしょうか。
 
その子どもが何をしたか、何を話したか、何を見つけたかを保護者は知りたいのです。
 
それも、昨日と違う今日のことです。「楽しく遊びました」ではそれは毎日のことです。「砂場をしました」でも、それは連日のことでしょう。
 
確かにそうですね。
 
今日のことを一文で良いので書くようにしましょう。なお、カメラで撮った写真に1行コメントをつける方式も増えてきました。
 
ありがとうございます。工夫してみます。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!

51.保護者との関係

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/07/18(火) 12:50

むっちゃん先生こんにちは。いけないと思いつつ、苦手な保護者がいるのです。
 
少しでも良い関係を作りたいとは思うのですが、どうしたらよいですか。
 
もしかすると、先方でも苦手と思っているのかも知れません。
 
苦手というのは相互に感じていて、だから、互いにぎこちなくなり、ますます苦手な関係が固定してしまいます。
 
そうかもしれません。
 
まず、声を掛けましょう。他の人以上ににっこりと挨拶をします。
 
笑顔ですね。
 
帰りがけなら、そのお子さんの素敵だった様子を簡潔に伝えます。「今日は、・・・ちゃん、こんなことで頑張っていましたよ、こういうところがすてきだと思いました。」と分かってもらうのです。
 
子どものことなら伝えられそうですが。
 
もちろん、すぐに苦手な感情は消えません。
 
そう感じる相手の保護者も対人関係が苦手だとすると、そういった挨拶や声かけにも反応が悪かったり、戸惑っているかも知れません。
 
そうかぁ。保護者も戸惑っているのですね。
 
でも、数週間から3か月くらいで、そういう保護者も子どもと同じに変わっていくものなのです。
 
ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!

10.乳幼児期の音楽ってなぁに?

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/07/11(火) 07:00

むっちゃん先生、こんにちは。今週もよろしくお願いします。
 
僕は、楽器を演奏するのが得意ではありません。でも、子どもたちと歌や手遊びは取り組んでいます。しかし、なんだか物足りないような気がするのです。
 
もっと、何かしたほうがいいですよね。幼児期にとっての音楽ってなんですか。
 
乳幼児期の音楽は、まず音を丁寧に聴き取り、味わうところから始まります。お皿をテーブルに置くときにだって、そっと置けば、やさしい音になります。ガラスをたたくときれいな音がします。それを交互に繰り返すとリズム遊びになります。
 
音を丁寧に聴くのですね!
 
体も動かせば楽しい遊びになるでしょう。ダンスもよいでしょう。音の響き、体のそれと呼応したリズミカルな動き、自分と相手が対応した動きが可能になることが基本です。
 
声を出して歌うときも小さな優しい声を大事にして、それを聞き取るように努めます。それを子どもに指導しましょう。
 
そういった音と、音の呼応・共鳴関係が土台であり、それが本格的な音楽へと展開します。そのためには、各種の子どもに使える打楽器を中心とした楽器を増やすとよいと思います。
 
音と、音の呼応・共鳴関係を意識していきます。ありがとうございました。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!

07.保育者としての躍動感ってなぁに?

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/07/03(月) 07:00

週刊むっちゃん(保育Q&A)
=====================================
保育者歴3年目の「たっくん」と5年目の「さっちゃん」。2人の保育者が、保育のあんなこと・こんなこと、素朴な疑問をむっちゃん先生(無藤隆教授)にぶつけます。2人の疑問にむっちゃん先生はどんな回答をくれるでしょう!毎週火曜日、どうぞお楽しみに。

=====================================

 
なんだか、元気なさそうに見えるけど・・・
 
少し落ち着いた雰囲気で保育しようと思って。ただ、元気がよくて、動きが大きいのがいい?
 
そうだな。先輩たちはよく『躍動性のある保育者を目指そう!』って言うけど・・・う~ん。
 
そうだ!むっちゃん先生に聞きに行こう!先生。こんにちは。
 
こんにちは。
 
保育者の素養としての躍動感とはどのようなイメージでしょうか?
 
いつも生き生きと好奇心に満ちていること。日々の園の環境の変化例えばちょっとした草木の葉の色の濃さとか風の涼しさを感じ取る感性が働いていること。子どものちょっとしたしぐさや表情や言葉の端々に目をとめ、心を躍らせ、体が動くこと。
 
そして、その意味を考え、振り返り、先を見通し、今何ができるだろうかと考えること。
 
こんな保育者になりたいな。
 
応援しています。また、来週!

41.「ヒーローごっこ」

[週刊むっちゃん(保育Q&A)] 投稿日時:2017/06/27(火) 15:30

むっちゃん先生、こんにちは。幼児クラス(3~5歳児)の男児で「ヒーローごっこ」「戦いごっこ」をする姿が見られます。
 
時にやり過ぎてけんかになることもあります。「ヒーローごっこ」をしている姿は楽しそうに見えるのですが、かといって見守るばかりでもと思うのです。
 
戦いごっこは決して相手をぶったりしないと約束をします。それを破ってたたいてしまったら、その日はそれで終わりとします。道具や衣装を一緒に作ると、造形活動につながります。
 
何より大事なのは、他のグループでの遊びを用意して、それを遊ぶ時間を作ることです。
 
そうですね。他の遊びも考えなくては。
 
鬼ごっこにしても、しっぽ取りとかドロケイとかかなり複雑な遊びだと、年長児でもいくらでも遊びます。
 
少し複雑なルールを求めているのかも。
 
他の遊びもやれているなら、戦いごっこを禁じるまでもありません。
 
ありがとうございます。また、お願いします。
 
さようなら。また、来週!
«前へ